上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
過去の治療。

私たち夫婦の場合は、産婦人科で最初は特に問題ないよって言われて、

それでも出来ないから不妊治療専門にの病院に移って、そこで夫の精子

の数も動きも悪いから自然には出来ないって言われました。自然には100%

無理だって。

100%ってすごいでしょ。

なんか死を宣言されたような・・・すべての希望がなくなるような。

夫はその後だまっちゃって帰りも口を聞かなくて、話し掛けると「別におちこん

でない」って。

それからが結構辛くて。

自分のせいだったら自分を責めて夫に誤ることができるんだけど、夫に原因があ

るって言われちゃうと何も言えない。

どう言葉をかけていいかもわからない。

数日して夫が「都内の大きい病院で検査を受けてくる」って言い出したんです。

自分でネットで調べてたらしく、リプロダクションセンター?精子の精密検査をして

くれるとこ。

夫は病院で言われたこと気にしてたんだけど、だったら大きなとこでもう一度きちん

と調べたいと思ったみたい。それを一人で行動に移したことにすごいなと思いました。

予約をとって数ヵ月後検査。

結果はよろしくなく・・・

その病院では精策静脈瘤だって言われて、結策の手術をすることになりました。

これは賛否両論で、この手術をしたからって何もよくならないってDrと手術をして1~2

年で精子の数が増えるってDrもいて。

何もしないよりしたほうがいいってことでしました。

手術後、違う病院で検査をしましたが、変わりはなく・・・

それで、私たちが子供を授かるためには体外受精しかないって結論になったのです。

その頃は特に結婚した友人がなんの努力も無く「出来ちゃった」と聞くと胸が痛みました。

自然にね。自然にできるんだよね。私たちがどんなにがんばっても叶わないことが

なんの苦労もなく出来ちゃうんだよね。

この頃はKLCは知ってたけど、遠いのと仕事との両立が難しそうだったので諦めて、

通いやすい浦和の病院から大宮の病院にうつって通い出しました。

長くなっちゃったのでこの辺で。

また書きます。
スポンサーサイト
2008.07.04 Fri l 今までの治療 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://ricoricco.blog43.fc2.com/tb.php/15-21f3d14a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。