上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
夢クリニックを卒業し、私の不妊治療も何とか卒業を迎えることができました。

このブログを始めた時は、先の見えない治療に疲れていた頃。

不妊治療の方のブログを見るたびに、励まされ慰められてました。

疲れても、前に進まなきゃ結果は出ないので、自分を頑張らせるために

そして、私がブログをしてる人に励まされたように私も誰かを励ますことができたら。

そんな思いでブログを始めました。

不妊治療を始めて5年目。夢クリニックに転院して1年。

ブログを始めたのは今年の6月。

ブログを始めて半年で結果が出たのがびっくりです。

それだけ癒し効果があったのだと思います。

ブログを始める前は、胸の内をさらけ出せるのは、夫と親しい友人数人のみ。

といっても、夫にも友人にも全ては見せてないしね。

マメではなかったけど、治療の進行や今日あったこと、思ったことをここで

吐き出せたことは、私にとってすごくストレス発散になりました。

吐き出すって大事なんだなってつくづく思いました。

そして、ここで知り合った方々。

皆さん優しい方ばかり。

いつもいつも励まされてきました。

ご自身が辛い状況にあっても、いたわってくれたり、喜んでくれたり、

感謝の気持ちでいっぱいです。

私が頑張ってこれたのも、そんな仲間の存在があったからだと思います。

感謝してもしきれないくらいです。






ブログを始めた時に、不妊治療が卒業できたら、ブログも卒業しようと決めてました。

それとは関係なしに、私の陽性判定後の記事に対して、痛烈なお怒りのコメントを

いただいたこともあり悲しい気持ちになりました。

また、ブログ仲間の方も同じ思いをしたと聞いて。

不妊治療はナイーブな問題だし、色んな状況の色んな方がいて、ブログに対しても

取り方も様々なんだなと改めて思いました。


でも、ブログを書く喜びを覚えてしまった私。

ブログを通して知り会えた方々。

ここでやめてしまうのが、さみしくなってしまいました。

なので、ここで一旦、不妊治療のブログは卒業して、今度は気持ちを新たに

マタニティブログとして始めたいと思います。

不妊治療は卒業しても、無事産まれてくるまでは治療の一貫かもしれません。

ここでお知り合いになれた方々と、これからも繋がっていけたらいいなと思ってます。

それと、不妊治療の先に妊娠・出産が待っていること、これから続く人達のために、

少しでも参考になればと思います。

そして、不妊治療をがんばっている皆さんに、赤ちゃんが訪れますように。

皆が幸せになれますように。


引越し先にどうか遊びに来て下さい。

待ってます。

引越し先↓

True,Baby,True ~マタニティ・ライフ~
http://babytrue.exblog.jp/

スポンサーサイト
2008.11.20 Thu l 夢卒業後 l COM(7) TB(1) l top ▲
少し前にさかのぼりますが、産婦人科選びについてです。

夢をもうすぐ卒業となった時、いよいよ産婦人科選びが始まります。

昨今、分娩までしている産婦人科が減っているなか、私の住む埼玉県K市でも

閉鎖したり分娩はやめたりするところが増えていました。

調べてみるとK市で分娩までしている所は5~7ヵ所。

それでも近隣の市に比べると多いみたい。

自宅から近いのは3ヵ所。

1ヵ所は古~いやってるかわからないような(ごめんなさい)とこで論外。

もう1ヵ所は駅前で、個人の産婦人科。建て増ししてすごく立派な

ホテルみたいなとこ。

もう1ヵ所は市立病院(総合)。

そうなると駅前か市立病院かで悩みました。

駅前は、とにかくキレイだし、設備も充実してるし、楽しそう。

でも、36歳の私は高齢出産?そうなると内科や小児科など万が一に備えて

総合病院のほうがいいのかなぁ。

たまひよで口コミを調べたり、友人に聞いたりしましたが、

ずーっと妊娠を望んでて、マタニティライフに憧れてた私は、

「やっと夢が叶ったのだから、マタニティライフを満喫したい

という野望?がありました

駅前はホテル並みのキレイさだし、マタニティビクスもやってるし、4Dもあるし、

全室個室で食事も豪華

それに比べて市立病院じゃ、お楽しみは何もないし、6人部屋だし、食事も病院食で、

ただの病院だもんなぁ。

というわけで

「駅前の個人病院にしよう

となりました。

問い合わせると、今の時点では分娩予約も必要なく、紹介状を持って診察にきてくれれば

受け入れますという簡単なもの。

ラッキーと、これで産婦人科は決定です。


と、ここまではよかったのですが・・・

いざ、今日で卒業かもという日。

5Fで安静にして待ってた私は、今日で最後と思って夢ノートを書いて、勝手に感動してました。

そしたら、院長から思いがけず、卒業延期の話が。

原因は「頸部浮腫」でした。

それから、次の通院までの9日間、悩みに悩んで・・・

何ともなければ個人病院でいいけど、もし胎児に問題があったら大きいところじゃないと

受け入れてもらえないのでは?

それに今回その問題がクリアされても、この先何があるかわからない。

だったら、NICUも完備されてるとこのほうがいいのかしら。

などなど。


そんな時、知り合いの看護士さんから電話を頂いて。

(その方は前にも書いたのですが、不妊治療を10年近く続けて、結果授からず

断念したSさん)

頸部浮腫のこと、産婦人科選びで悩んでいることを相談しました。

普段は「riccoちゃんのしたいようにしたほうがいいよ」と言う人が、

今回は違ってました。

「私は、総合病院のほうがいいと思う」

とキッパリ言われたのです。

その理由は、看護士として今まで沢山のお産を見てきて思ったこと。

どんなに順調な妊婦さんでも、出産時何があるかわからない、

すごく危険なことになることもある。

何もなければそれでいいけど、万が一ということを考えると、それに対応できる総合病院がいい。

それと、Sさんの妹さんが出産時、Sさんは総合病院を進めたのだけど、

妹さんは個人病院を選んで、分娩に時間がかかって赤ちゃんが無呼吸になっちゃって、

出産直後にNICUのある病院に赤ちゃんだけ30分もかかって搬送されたんだって。

赤ちゃんは障害が残って、それは分娩のせいではないって言われたそうなんだけど、

妹さんは姉の言うことを聞いて総合病院にしとけばってすごく後悔してしまったみたい。

Sさんももっと強く言っていればと後悔が残ると。

それで私には自分の意見をはっきり言ってくれたみたい。

もちろん、個人病院で問題ないケースも多いし、普通に分娩が済んで、健康な赤ちゃんなら

産科Drで十分だけど、何かあった場合は、産科Drじゃ胎児は見れないのよ、とも言ってた。

そして

「今まで不妊治療を大変な思いをして、ここまで続けてきて、

やっと授かった命。

体外受精は普通の妊娠と違って、わずかな可能性の受精卵を

大事に大事に育てて、

やっとの思いで妊娠を継続している。

今までの大事に育てた命を、大事に産んであげてほしい。」


と言われました。

このセリフは不妊治療をしてきた人にしか言えないセリフ。

まして、Sさんは辛いけど断念した人。

その人が私の妊娠を喜んでくれて、大事に思ってくれている。

泣けました。

そして、

私のための優雅なマタニティライフよりも、

たまちゃんの安全を一番に考えよう!


と夫婦で話し合って、泣く泣く?総合病院に決めました。

結局、浮腫もなくなって問題はクリアされたけどね。


で、めでたく市立病院に行きました。

しかも、知り合いのツテで一番腕のいいDrを聞き出して、そのDrに見てもらえることに。

初診日、看護士さんから出産に向けての冊子を頂きました。

それは、その病院のいかにも手作りって感じの冊子。

母乳育児を推進してることや、カンガルーケアや、心得などが書いてあり、

その病院の出産に対する真剣な姿勢みたいなものを感じました。

母乳育児もカンガルーケアも私がやりたかったこと。

この病院にしてよかったかなと、気持がちょっと暖かくなりました


先日、友人のことで暗ーいグチを書いてしまいましたが、

私の周りには、Sさんのような暖かい人もいるんだったと反省です。




2008.11.17 Mon l 夢卒業後 l COM(8) TB(2) l top ▲
夢を卒業でき、4ヵ月に入ったので、親しい友人数人に報告しました。


ちょっとグチです。



友人のKちゃんは、何度も何度もおめでとうと言って、泣いて喜んでくれました。

私がずっと辛い思いしてたのも知ってて、初詣では私の妊娠を願って

絵馬まで書いてくれたそうな。

私のために泣いてくれてとっても感動。

もう一人、友人のHちゃん。

現在妊娠9ヵ月、もうすぐ出産です。

彼女も喜んでくれましたが、ちょっと気になる一言が・・・

「正直言って、riccoはもう子どもは出来ないと思ってた。

無理だと思って諦めてたよ。

riccoの場合は仕事もバリバリして、キャリアもあって、

なのに不妊治療に時間もお金もかけて、そんな人生でいいのかなって

思ってた。私だったら不妊治療にそんなにお金かけるぐらいなら、

夫婦でもっと違うことに使って、楽しむのにって。

あとで後悔するんじゃないかなって。出来たからいいけど。」

って、言われたんです。

その時は、妊娠の報告を出来たことに感動してて、何とも思わなかったんですが、

あとからジワーっと負の感情が生まれてきちゃって。

ここで吐き出させてもらおう!と思って。

どうなんでしょう?彼女の発言。

不妊治療が理解されないのはわかっているけど、不妊治療をしてる私の人生を

否定されたような気がして。

そんな人生って、私って哀れに思われてたのかしら。

彼女は不妊治療はしないって方針で、私とは考えが違うのはいいのだけど、

でも、不妊治療をしてるのは私の選択だし、後悔しても何でも私の人生だもん。

勝手にそんな人生なんてって哀れまないでほしい。

やっぱり、なんの苦労もせず妊娠した人にはわからないのかしら。

不妊治療をしてる人同士しか分かり合えないのかしら。



治療を卒業して、幸せボケしてたからガツンときました

ふ~。吐き出してちょっとすっきりデス。

2008.11.15 Sat l 夢卒業後 l COM(10) TB(0) l top ▲
2回目の陽性判定日から出血のため安静となりました。

卒業まで47日間、ずーっと安静でした。

その間のこと、オススメアイテムなどなど。。。



以前も書きましたが、夢に通う前の病院(大宮のSクリニック)は、移植日から

完全安静でした。

しかも、注意点が半端じゃなくて。

トイレ以外は立っちゃだめ。

お風呂・シャワーも禁止(10日に1度くらい体を拭いてもらうならいい)

リクライニング(ベッドの背もたれ)を上げるのもだめ。

読書はいいけど、ハードカバーは重いからだめ。

ベッドの下に手を伸ばす動作もだめ。

食事も寝ながら横向きで食べること。

さらには、歯磨きまで寝たままなんですよ

洗顔も出来ないから、蒸しタオルで拭くだけです。

など、など、他にもありましたが多くて忘れちゃった。

とにかく、完全なる寝たきりでした。


そして、今回夢でめでたく陽性を頂いて、喜んだのもつかの間、出血。

夫と二人して流産の恐怖に襲われ、うちではSクリニック方式でいこう!

ということになりました


漢方の先生にも、

「出血には安静が一番!」

「座ってるのでもだめです!」

「とにかく体を横にしてじっとしてること!」


と強く言われました。

Sクリニックの先生と同意見でした。

なんかね、重力がいけないらしいですよ。

だから、お腹に重力をかけず、腹筋を使わないことみたいです。



大変なのはだんな様

3食ごはん作って、洗たく、掃除、ごみ出し等々すべての家事プラス私の介護ですわ

幸い職場が近かったので、お昼もチャリを飛ばして帰ってきてくれました。

おまけに私の両親が隣に住んでいて、父親が比較的時間の融通が効く仕事だったので、

夫が帰れない日は、父が昼食の用意にきてくれました。


今までも家事は協力的だったけど、「やって」と頼めば手伝ってくれる程度。

ゴミも私がまとめた物を持ってく程度。

それが、「今日は燃えるゴミの日だから、出してくるよ」

とか、「○○のスーパーは野菜が安いよ」

とか、すっかり主婦。

料理もハンバーグや餃子を大量に作って冷凍したり、

そんなに張り切って大丈夫?ってぐらいがんばってくれました。

夢への通院も休みをとって、車の後ろのシートを倒して、布団を敷いて、

たまちゃんが衝撃に耐えられるように万全の体制。

私の両親も、夫の両親も、時々おかずを持ってきてくれたり、

弟は本やDVDを貸してくれたり、暇つぶしのおしゃべりにきてくれたり。

うちのたまちゃんは皆に守られてるんだなあと感動


なんか、ノロケみたいになっちゃいましたが、それだけ周りが協力してくれたこと、

感謝したいなと思って書きました。


そして、暇つぶしアイテムです


これは困った

今までは移植に入る前に、DVDや本を沢山買ったり借りたりして、美容院も行ったり

寝込んでも困らないよう万全の対策で臨んでたのだけど、

毎回、マイナス判定だったから、ジンクスを破るために、今回はなにも用意しなかったんです。

だから、アイテムが少なくて困った



で、弟に借りた本、DVD、友達に借りたマンガ。

ネットで図書館の本を予約して、夫に取りに行ってもらったり、

レンタルビデオやレンタルマンガでしのぎました。

そのなかで、特によかったのが、

「宮部みゆきの小説」

「火車」

「誰か」

「模倣犯」

でした。

展開が早いし、例えが上手で読みやすい。

面白くってどんどん読んじゃう。

でも、殺人とかドロドロ系なので、胎教に悪いって従姉に指摘され

オススメされたのが、

三浦しをんの

「風が強く吹いている」 

「まほろ駅多田便利軒」


どっちもおもしろかった~。

特に風が強く吹いているは、箱根駅伝の話なんだけど、キャラクターが豊かで

すごくドラマのある話で、駅伝なんてまったく興味なかったのに、

予選会見ちゃったもの

そのあと、三浦しをんを沢山借りたけど、チョイスが悪かったのか他はいまいち。

DVDやビデオは、海外ドラマの

「LOST3」

海外の連続ドラマってシーズンいくつまでも出てくるから、むかつくけどおもしろい。

時間が経つのが早い。

それと、

「トリック」

これは途中で飽きちゃった。

そしてなんといってもオススメは・・・

「北の国から」

です。古っ。

最近、倉本聰のドラマがやってるのを見て思い出したの。

「北の国から」なら胎教にいいのでは?と。

案の定、とってもよかったです~。

純とほたるがめちゃくちゃ可愛くて、産まれたらこんな子がいいなあとか、

こんな自然なとこで育てたらいいだろうなぁ、などと想像が膨らみます。

物を大事にしたり、自然の厳しさなども伝わって、心が豊かになります。

あとは、YouTube。

無線LANになってたので、ノートPCをベッドサイドに置いて、寝ながら見ていました。

でも、寝ながらキーを打つことは困難だったので読むだけでしたが。

YouTubeをお気に入りに入れといて、お笑いばっかり見てました。

特に、

「内P」

とか

「夢で逢えたら」

「笑う犬」

とか古いものを

退屈でゲラゲラ笑いたい時に最高です。



それと、

「たまひよ」

妊娠何か月はどんな症状だの、胎児の成長など、色々勉強になりました。

夫は、胎児の成長スケールを壁に貼って、

「今日は骨を作ってるよ」

「そろそろ耳ができるよ」


なんて、楽しそう

寝てるだけって、とにかく退屈。

つわりが始まってからは、とくに辛かった。

テレビだけでも飽きちゃうし、本だけでも疲れちゃう。

なるべく色んな種類のアイテムをそろえて、時間が経つのが早く感じる工夫が

必要でした。


でも、良かったこともいっぱいありました。

夫が何から何までしてくれることへの感謝の気持ちが生まれました。

夫も家事をするのは大変だけど、充実してたみたいで、

むしろ自分が頑張ることで

「一緒にたまちゃんを守って育ててる」

気持ちになれたそうです。

両親も弟も協力的で、家族のありがたみも身にしみました。


安静が解除されて、今は私が家事をするように戻ったのですが、

夫が進んで手伝ってくれます。

「オレ一人でやってた頃に比べたら、ちょー楽だよ」だって。

それと、たまちゃんを守ることが一番になったので、

私の行動に過保護なくらい敏感です

安静生活は大変だったけど、やりすぎってくらい安静にしたけど、

それでたまちゃんの命が守れるなら、やりすぎてよくないことはないと思います。

だって、5年も辛い不妊治療に耐えてきたんだもん。

それが叶ったんだから何としても守るぞって。

そして夫婦で協力できたことで、絆も深まった気がします。

安静生活おすすめです。


2008.11.10 Mon l 夢卒業後 l COM(0) TB(0) l top ▲
陽性判定後、胎嚢の大きさや心拍など、正常なのかどうか、

どんな状況になるのかなど、気になって卒業した方のブログを

探し、参考にさせて頂きました。

私も今後、どなたかの参考になればと思い、まとめておきます。


HR周期は表がもらえるのですが、判定後は人によって通院日、回数が

異なるようです。(HPは通院日)


BT1  移植日


BT7  1回目判定日(HP) 陽性判定
     E2・・・112  P4・・・0.4  FSH・・・0.6  B-HCG・・・78.7
     エストレース2-2-2  デュファストン2-2-2  プラノバール 中止

BT12  2回目判定日(HP) 陽性判定
     E2・・・155  P4・・・0.5  B-HCG・・・2000
     HCG2000は高すぎると言われ(高いと出血の恐れあり)急きょ内診。
     表面上はないが中で出血しているとのこと。胎嚢確認できる(3.5mm)
     プロゲデポ125mg注射。今日から絶対安静。

BT13  おりもののような出血あり。
      夢へTEL.次回受診日まで安静にしてるようにと指示。

BT15  鮮血あり。
      夢へTEL.次回受診日まで安静にしてるようにと指示。

BT17  (HP) E2・・・225  P4・・・0.6 胎嚢・・・8.6mm
      プロゲデポ125mg注射。
      出血量多い。引き続き絶対安静。

BT18  生理のような赤黒い出血あり。

BT19   〃  
       夢へTEL。受診日まで安静にしてるよう指示。

BT21  表面的な出血治まる。

BT22  (HP) E2・・・308  P4・・・1.2  胎嚢・・・15.9
      病院に着くなり出血。出血量かなり多いとのこと。
      トランサミン(止血剤)点滴。トランサミン内服処方 1-1-1

BT23~24  少量出血あり。

BT26  表面的な出血治まる。

BT27  (HP)  E2・・・535  P4・・・4.2 
      初心拍確認・・・135bpm
      トランサミン終了。エストレース1-1-1に変更。デフュファストン引き続き。
      チクチクするような下腹部の痛みあり。

BT29~30  時々出血あり。

BT31  胃のむかつきあり。(この頃からつわり始まったみたい)

BT32  (HP) E2・・・954  P4・・・8.9  
      胎児大きさ・・・7.3mm  心拍・・・167bpm
      E2安定したのでエストレース終了。デュファストン引き続き。
      採尿(潜血のみ+)採尿は毎回やるとのこと。

BT33  表面上の出血治まる。

BT39  E2・・・1193  P4・・・19.5
      胎児大きさ・・・16.4mm  心拍・・・200bpm
      P4安定したためデュファストン終了。(薬から解放)

BT49  E2・・・1779  P4・・・27.6
      胎児大きさ・・・27.2mm  心拍・・・207bpm
      頸部浮腫あり(1.5mm) 卒業見送りとなる。
      引き続き安静。

BT58  E2・・・1649  P4・・・35.6
      胎児大きさ・・・39.2mm  心拍・・・197bpm
      浮腫は正常範囲内なので問題ない。
      胎児大きさ、心拍共に正常。
      卒業。



hana.jpg
2008.11.07 Fri l 夢卒業後 l COM(2) TB(0) l top ▲
BT58 10W7D 

タイトル通り、今日卒業できました。

前回、浮腫があったため、緊張の受診。

染色体異常や、最悪の場合なども想像して、不安な日々を過ごしてきました。

内診時には映像を見るのが怖くて怖くて。

心臓が動いてなかったらどうしよう。

浮腫が広がってたらどうしよう。

そして・・たまちゃんの心臓がピコピコ動いてる姿を確認し一安心。

大きさも前回より大きくなってる!

問題の浮腫は・・・1.5mmに見えました。

どうなんだろう。

そして、前にあった出血層あたりも見ている院長。

また嫌な予感がしながら内診終了です。


そして、診察。

一言目に院長が

「今日で卒業やね」

卒業?

聞き間違いかと思って聞き返しちゃいました

「うん、卒業。紹介先どこやったっけ?」

と。どうやらホントに卒業らしいです。

浮腫のほうは写真もなく、

「正常範囲以内だから問題ないでしょう」と。

安静ももう大丈夫みたい。

胎児の大きさも心拍もいいでしょうと。


E2・・・1649  P4・・・35.6

心拍・・・197bpm 胎児大きさ・・・39.2mm



いつものように淡々と説明し、

ひたすら紹介状作成のため、パソコンを打つ院長。

最後とは思えない姿にちょっと笑いそうになりましたが、

後ろに立っている看護士さんと目が合うと、、

とっても優しくうなずいてくれて、ジーンときちゃいました。

そっかぁ、ホントに今日で最後なんだ、

今までの感謝の気持ちをきちんと伝えたい、と思うのもつかの間、

「じゃ、看護士さんから卒業の説明あるからね~」

と終了。

「今まで本当にありがとうございました!」

それを言うだけで精一杯でした。

トホホです。


その後、看護士さんから卒業の説明。

憧れのピンクレターを戴きました。

レター

感動


受付で会計を終え、これで本当に終了です。

夢を出て、真っ直ぐ車に乗るのが迷いました。

「EXCELSIOR CAFE」 来ることももうないのかな。

ちょっと名残おしいような寂しいような。


帰り、ちょうどお昼時だったので地元でファミレスへ。

ホントは銀座あたりでランチでもと思ったのですが、

危険危険

まだまだ油断大敵です。

地元のファミレスなら駐車場からすぐで段差もなく、禁煙フロアだし。

そう言って夫を説得して久々の外食。

9/15の判定日に外食して以来の外食。

9/20から安静だったので、通院以外は一歩も外に出ず過ごしてました。

47日間もの安静で、最初は暑かったのに、季節まで変わってます。

久々の外の空気、おいしかった~。

つわりだったはずが、パスタのセットもペロリと完食。

オレンジジュースで乾杯しました。



私が卒業できる日が来るなんて。

なんだかまだ信じられません。

思い返すと、16年の8月から不妊治療を始めて、5年目になってました。

何度も何度も挫けて、もうできないんじゃないかと思った時もありました。

何人も卒業していく人を横目で見ながら、取り残されていくような、

私にはその時が来ないんじゃないかと思ったり。

でも、夢でそれが叶いました。


夫が言うには、私たち以外に今日3組卒業の人を見たそうです。

同じ移植日の方で私以外に陽性だった人がわかっただけでも2人います。

卒業の説明をしてくれた看護士さんも、夢で妊娠し、出産報告があった人が

90人以上いるとおっしゃってました。

きっときっと夢なら叶うんです。

まだ辛い治療中の方も沢山いらっしゃいますが、

必ず叶います。

必ず叶うと信じて。

2008.11.05 Wed l 陽性判定後 l COM(14) TB(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。