上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
「卒業延期」

問題なければ今日で卒業の予定が思いがけず延期になってしまいました。

怪しい雲行き。

内診時、いつもと違って何度も慎重に計測している院長。

計ったことない所まで計ってました。

胎児も見えたし心拍も測定できたので、

「今日で終わりだから丁寧に調べてるのかしら?」

なーんて呑気に構えてたのですが・・・

おまけに今日は、たまちゃんがすごく大きくなってて、「手」が見えたんです!

心臓もピコピコ動いてて!

その愛らしい姿にジーンとして、感動したまま診察を待っていたのですが。

診察時、院長から予想もしていなかった言葉が・・・

「胎児の大きさ、ホルモン値的には今日紹介でいいんだけどね・・・」

「ただ一つ、気になるとこがあるんよ」


といって、3枚撮った画像の中から一番大きく撮れてるのを見せてくれて、

そこには、背中のあたりに数値が書かれていました。

それをペンでなぞりながらの説明。

「ここの背部の隙間、これは胎児にはあるものなんだけど、

これは浮腫(むくみ)なんよ。」

「リンパ液の循環がうまくいってないと浮腫が起こるんやけど。

心臓の働きが悪いと起こるんよ。」

「ただ、9Wだと2mm以下は通常範囲で11.12週で3mm以下が通常範囲ね。」

「今9Wで1.5mmだから通常以下ではあるんやけど、この隙間の範囲がね・・」

「通常は、頸部あたりなんだけど、riccoさんの場合は頸部から背部にかけて

広い範囲であるんよ」

「これがちょっと気になるとこなんよ」

「だから、紹介でもいいんだけど、見逃されても嫌やし、11週まで様子みた方がいいから」


と、今までになく、優しい口調で、私の目を見て真剣に話してくれました。

でも、全く予想してない話だったので、動揺してしまい、次の言葉が出てこない。

隣で聞いてた夫が、すかさず、「安静はどうなんでしょうか」と聞いてくれて。

「ホルモン値的には安定してるから安静じゃなくてもいいんやけど、

動いて万が一出血とかなって入院となると、他の病院じゃ対処できないと困るからね。

安静のほうがいいかね」


と。次回11月5日(BT58)で受診予定になりました。

病院を出て、夫が「うまいこといかないね。」とぼそっと。

そうなんですよね。

いつもこれでゴールできるかなと思うと一回休み、みたいな。


帰り道は、とにかくたまちゃんの命が心配で心配で。

心臓の働きが弱かったら命とりです。

いったいどういったことなの?

死んじゃうの?と不安がよぎります。


私は調べれば調べるほど不安になるたちなので、あまり見ないようにと夫が調べました。

それによると、浮腫が出ることはよくあることみたいですが、

その数値が問題らしく、数値が高いと「染色体異常」や「心機能の異常」が疑われるそうです。

ただ、それも日が経つにつれ数値が下がるケースもあるし、

数値が高くても問題なく出産されたケースもあるとのこと。

その数値だけでは一概に言い切れないみたいです。

ただ、調べても出てこなかったのは、私の「広い範囲での浮腫」

それについては何も書いてなくて、ちょっと心配です。

「染色体異常」、いわゆるダウン症ですね。

高齢出産だし体外なので、そのことについても夫と話あったことがありました。

夫は「どんな子供でもいい」と胸を張って言ってくれたので、ほっとはしましたが、

私は複雑。

昔から障害者に関わっている経験があるせいか、辛い現実も夫よりは知っています。

どんな子供であれ、育てる自信がある一方で、できれば健康で産まれてきてほしいと

願ってしまいます。

どうか次回の診察では浮腫の問題が解決されますように。

手が見えて心臓が動いてたたまちゃん。

もう立派な命です。



E2・・・1779  P4・・・27.6

大きさ・・・27.2mm  心拍・・・207bpm


気になる方はこちらを参考に。

頸部浮腫について①

頸部浮腫について②
スポンサーサイト
2008.10.28 Tue l 陽性判定後 l COM(11) TB(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。