上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
受診日。

日時だったせいか道も空いてて、8時前に夢到着しました。

採血までが長くて30分ほど待って、やっと採血が終わり、

内診です。

今日はドキドキの心拍確認の日。

なのに院長たら無言で終了。

もしかして確認できなかったのかな。

前回、出血量多く点滴だったのと、今日も出血してること伝えてたので、

てっきり5Fに回されると思ってたのに4Fでした。

内診で無言だし、診察もなかなか呼ばれないし、だめだから?と不安になりました。

そんな私の表情で夫もダメなのか?と思ったらしく、二人でくらーく待ってました。

やっと私たちの番。

二人で神妙な顔で入ると、

「riccoさんね、E2上がってるからエストレース中止ね。」

え?心拍は?大きさは?

「心拍は聞こえたんでしょうか?」思いきって聞くと、

「確認できとるよ、これね」と映像を指差し、

そこに、135bpmと書いてありました~!

よかった~。

もう、院長のいけず~。

まずそれでしょ?

この時期にその数値はどうなのか聞くと、

「数値なんて関係ない!聞こえるかどうかだ!」

と言われてしまいました。

お薬は、もともとE2の伸びが悪かったので、急にやめると、

ガクンと下がるおそれがあるとのこと。

結局、エストレース2錠づつから1錠に変更。デュファストンはそのまま継続。

注射を打って終了でした。



E2・・535 P4・・4.2 心拍・・135bpm

でした。

胎嚢の大きさは計りませんでした。

看護師さんに聞いたら「院長が何も言ってないなら問題ないでしょう」とのこと。

今日は点滴もなく、止血剤の内服薬も中止。

出血してるのに大丈夫なのか、ちょっと不安です。

とにかく絶対安静と言われました。

どうなるかと思ったけど、心拍確認できてホントよかった~。

いけずな院長の態度に、夫は「あの先生、絶対性格悪いよ」と言ってました。

たしかにね。

だけど、カリスマですから。

いいんです。

そして、毎回ダメなのかと思うので「もう夢行くのやだよ~。行く度に寿命縮まるよ~。」

と嘆いてました。


血の海の中、心拍聞こえるまでにがんばってくれた、たまちゃん。

きっと強い子だね。

よくがんばったねと褒めてあげたいです。

まだまだ難関が続きますが、どうか無事に卒業までいきますように。


みなさんの応援の言葉、とても励みになってます。


スポンサーサイト
2008.10.05 Sun l 陽性判定後 l COM(9) TB(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。