上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
受診日。

胎嚢確認後の注意事項に、「出血してる場合は車でくること」

とありました。

BT13の茶オリに続き、BT14には鮮血が一度あり。

そのあとも、茶オリが時々。

昨日は、お腹にズキーンとした痛みが走ったり。

昨日の夜は恐怖で泣きそうでした。

なので、夫に午前中お休みしてもらい、受診日はなるべく車で行くことにしました。

院長診察で、かなり出血があるとのこと。

表面にはそんなに出てないので、中で出血してるんですよね?

そのほうが怖い。

絶対安静ね。とだけ言われました。

胎嚢は8.9㎜と大きくなってました。

よかった~。

そのあと、看護師さんに注射をブスッと。



そして今日はうれしいことがひとつ。

看護師さんと終わり際、出血があると心配ですよねって何気なく会話をしたら、

それまで淡々と説明してた看護師さんが、

「あまり心配しないほうがいいですよ」

「て言っても先生が何も言ってくれないから心配になっちゃうんですよね」

って看護師さんが言ったんです。

乗りつっこみ?!

「でも何かあったら先生が必ず言いますから、何も言わないってことは

大丈夫ってことですから」

だって。

「心配しすぎも良くないからあまり考えずにリラックスして過ごすことも大事です」

って。

なーんて優しいんでしょう。

まるで心の中を読まれたみたい。

不安な時って、優しい言葉がほしいんですね。

わかるよ、大丈夫だよって言ってほしいんですね。

今日は看護師さんの優しい言葉で、とっても暖かい気持ちになれました。

帰りに大好きなペリカンのパンを買って帰りました。

そういえば、処置室で入れ代わりに来た方も同じような説明をされていて、

私と同じくらいの進行なのかな?

お互いがんばりましょうと心の中でつぶやきました。
スポンサーサイト
2008.09.25 Thu l 陽性判定後 l COM(6) TB(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。