上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
遅くなりましたが、移植日について。

9/8 D18 移植日

朝7:50頃 夢到着。

番号は20番台。

採血し、診察。

この日はクロミフェン始まって初の院長でした!

ちょっと、びっくり。

「riccoさんね、生年月日○○、カルテ番号○○、合ってますね」

「はい、今日移植ね」

「凍結卵は、二つ。5日と、6日だから、5日のやつね」

久々すぎて、院長のスピードについていけず、返事だけを繰り返しました。

やったぁ!移植できる!

そして、Nsから移植時の注意事項。で、外出。

10時には外出できちゃいました。

お昼には早いので、お隣のcsfeへ。

1時間ほど読書。

12時半には戻らないとならないため、11時からやってるお店を探し、ランチ。

13時ころ、培養士さんから説明。

5日凍結の卵、融解し現時点では、グレード3。

たしか、凍結時にはグレード2だったような?

聞いてみると、融解の段階で、スピードや形等でグレードは変わるとのこと。

また、時間の経過とともに、グレードが変化するので、移植時には変わってる

こともあると。

アシストハッチング、前回はしなくて今回するのは、前回は自然周期だったので

自然な形でしたけど、今回はHR(ホルモン調節)なので、アシストハッチングも

するのが通常だからと。

説明が終わるとすぐに5Fへ。

移植は14時からと言われてたのに13時過ぎにはスタートでした。

着替えておトイレを済ませると、すぐに私の番。

早っ。

何度、採卵や移植を体験しても、あのOPE室のような雰囲気には慣れず。

みんなの前で、足を開いて見られてる感は、いっそ麻酔で意識ないほうが

いいなと思っちゃいます。

出産だったら喜んでOKだけど。

そして移植。

私の子宮はかなりの屈曲で、前回の移植時もなかなかカテーテルが入らず、

すっごい時間がかかったので、今回もちょっと不安。

説明してくれたNsにも培養士さんにも、それを話したのだけど、

前回できてるから大丈夫ですよと言われました。

カテーテル入れて一言目。

「なんだ、これは」

と、院長。

だから言ったじゃ~ん。

「こんなの、ありえへん」

「どうなってるんだ」

ありえへんと言われても・・・

激痛に何度もおしりが浮いて、

「おしり浮かない!」

と怒られてしまうし。

ついに、

「ここで行き止まりだな」

と、試行錯誤し、なんとか移植。

大丈夫かなあ。

行き止まりでやめたのかしら?とちょっと不安になりましたが、

あの完璧な院長がそんなことはないでしょう。

そんなこんなで無事移植終了。

「移植経過表」を渡されて・・・

E2・・128  P4・・0.5  FSH・・3.5  B-HCG・・0.0

移植時のグレードは2。 内膜は12mm。


そして、14時前に終了。

今日は夫が車で迎えにきてくれることになってて、

15時過ぎに約束していたので、しかたなくまたお隣のcafeへ。

本日2回目。

お店の人覚えてたら嫌だなあ。




なんとか、無事に移植もできて、夫もほっとした様子。

こうなると、ついつい期待しちゃうけどと。

あとは無事に卵ちゃんが着床してくれることを願うばかりです。

どうか、どうか無事に育ってくれますように。

私たちのもとに産まれてきてくれたら、絶対絶対、大事に育てるから。

ずっと一緒にがんばってくれてる夫に、今度こそ赤ちゃんを抱かせてあげて

あげたい。

二人で子供を育てる喜びを味わいたい。

私たちの卵ちゃん、がんばって。

スポンサーサイト
2008.09.11 Thu l クロミフェン移植周期-2 l COM(5) TB(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。