上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
この記事、見ました?

ちょっと気になったので載せちゃいました。

卵子バンクが出来るって

日本ではタブーとされてきた卵子の提供。

日本は、夫婦以外の体外受精も禁だったから

海外に行くしかなかったんですよね。たしか。

でも、卵子バンクが出来れば(そして認められれば)

卵子の提供を受けて体外受精できるってこと。

自分の遺伝子ではないけど。

ちなみに、卵子の提供は35歳未満の女性で、無償。

ボランティアですね。

そんな人いるのかしらとも思うけど。

法整備の問題や倫理観など、問題は山積みのようだけど、

不妊治療の画期的な前進になるのでは。

私は今のところ、自分の卵で受精できているけど、

歳と共に受精できなくなる可能性もあるし、

受精しても卵の質の低下もあるし。

むかーし、治療を始めたばかりの頃は、

「体外受精まではしないかな」

なーんてのんきに思ったものだけど、

治療が進むにつれ「自然じゃ100%無理です」って言われたら、

「体外受精をするしかない」って思ったし。

今は自分の遺伝子で、夫との赤ちゃんを授かりたいって思ってるけど。

それが出来ないってなったら?

向井亜紀さんの著書を読んで、代理母という選択も、

それしか方法がないってなったから、そうなっただけ。


卵子バンクも、倫理的に問題はあるだろうけど、

どうしても子供が欲しくて、でも出来なくて、

それしか方法がないのであれば、

そして卵子バンクがあることで、授かる希望が持てれば、

治療してる人間にとってありがたい進歩です。




気になる記事はこちら↓

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080830-00000027-yom-sci


それと、卵子バンクを設立する機関って民間の21の不妊クリニックの団体で

「日本生殖補助医療標準化機関」てとこ。

残念ながら、夢は入ってませんでした。

加藤先生の著書にあったけど、「夫婦の遺伝子で」っていうポリシーがあるからかしら。

「日本生殖補助医療標準化機関」→ http://www.jisart.jp/


不妊治療がんばってる方がいっぱいです

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村 マタニティーブログ 体外受精へ

にほんブログ村 マタニティーブログ 顕微授精へ

スポンサーサイト
2008.09.01 Mon l YAHOOニュース l COM(3) TB(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。