上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
受診日。

採血後、5Fで待つよう言われました。

5Fへ行く前にトイレに行ったら、出血が・・・

昨日は止まってたのに。

そして5Fへ行くと看護師さんに「ご気分等大丈夫ですか?」と言われ、

一応出血してたこと伝えると、

もう一人の看護師さんが横から「待って。血の量は?腹痛は?」等と聞いてきて、

先に内診に回されました。

5Fまで上がったのに、4Fに逆もどり。



すぐ内診に呼ばれ、

「かなり出血してるな」

「胎嚢はなんとかある」

と。しかも出血は胎嚢の近く。

「5Fで注射と点滴!」

との指示。

何がなんだかわからないまま看護師さんに連れられ5Fへ。



出血がひどいから止血剤の点滴(トランサミン)を打つのだそう。

ショックです。

そんなに出血してるなんて。

そして生まれて初の点滴。

私って怖いものみたさで採血もじーっとみるし、

人の怪我の処置とかも見たいほうなんですが、

初点滴なのに、テンションあがらず暗~く天井見てました。

当たり前か。

なんと点滴は3時間以上かかりました!

私以外にも、お二人点滴の方がいらっしゃって。

12時過ぎには、移植の方も入ってこられて。

カーテン越しにも緊張が伝わります。

大丈夫ですよ、痛くないしすぐ終わりますよ、がんばれ~と心の中で念じて。

点滴が終わると、診察はなんと寝たまま、院長がベットサイドまできてくれました。

ありがたや。

私のカルテを見て「う~ん」としばらく考えこんで。

「危ない状態ですか?」と聞くと、

「うーん、かなり出血しとるからね、」

「出血が止まればいいけど、増えるとねぇ・・・」

きっと増えたらダメになるってことですよね。

エストレースとデュファストンは変わらず、トランサミンの内服(朝昼夕/日)

が追加になりました。

今日の看護師さんはお二人とも優しかった。

すぐ内診に回した方は看護師長さん?みたいで若いのにパキパキして

仕事できるんだろうなって感じの人。

点滴等してくれた方は、始終話しかけてくれて、

笑いも交えてリラックスさせてくれて。

(話し方が安めぐみに似てた。)

今日は9時に着いて終わったのは15時前。

車で待ってた夫は、もうだめなんじゃないかとハラハラしてたみたい。

私ももうだめかとも思いました。



夜、母が来てくれました。

5日置きに通院と行ってたので今日だったこと覚えてたみたい。

状況話して「だめになっちゃうかも」と言うと、

「授かりものだから」

「これはもうなるようにしかならないのよ」

「生命は操作出来ないのだから」

と言われました。


対外授精してる時点で生命の操作しちゃってるよと私が言うと、

「対外授精は違う。対外授精は生命の温存でしょ。命を温存させてるのよ。」

「でも宿った命を化学で操作することは出来ないのよ。例えば牛のDNAとかク

ローンが化学操作、あれはしちゃいけない」

「宿った命が生まれてくるかだめになってしまうかは、その命の生命力しかないのよ、

生命力の強い子は流産しかかっても、未熟児でも産まれてくるのよ」

と、私のお腹に手を当てながら話してくれました。


「今までずっとがんばってきちゃったからね、わかるけど、ダメな場合もあるし、

人生が終わるわけじゃないし、大事なのはriccoの身体なのよ。」

「小さい頃から悪いほうに考えちゃうからね。

でも、お腹にマイナスイメージあたえるとよくないから、くよくよしないで」

と言われました。

36歳にして、母の前で大泣きでした。

母は偉大です。


夕飯は夫の手料理に加え、父の作った味噌汁と自家製梅干し。

沢山の愛情に囲まれて幸せ者だなぁとつくづく。

たまちゃんにも、その愛情を注いであげたいんだよ。

泣いたせいか、クヨクヨしてた気持ちもなくなり、

たまちゃんの生きたいって気持ちを信じることにします。


スポンサーサイト
2008.09.30 Tue l 陽性判定後 l COM(12) TB(0) l top ▲
余談です。


以前通ってた病院でのこと。
大宮のSクリニック。

ここはちょっと変わってて、なんと移植直後から10日間、安静だったんです。

移植後、ストレッチャーに乗せられベットに移動し、そこで3時間うつぶせ寝。

帰りは車で寝たまま帰ってベットに直行。

安静時の注意事項も厳しくて、トイレ以外は起きちゃだめ。

お風呂もシャワーも洗顔すらだめ。

とにかく寝てること。

食事も寝たまま横むいて食べること。

テレビや読書はいいけど、ハードカバーや重い物はだめ。

枕を高くするのもだめ。

などなど。

それを初回ガイダンスで夫婦で聞かされ、ご主人はその間の家事一切を引き受け、

奥さんの介護をしなさいって言われるんです。

「不妊治療は夫婦二人でするもの」というモットーで夜9時までやってるのでなるべく夫婦で来ることと。

10日後の判定で陽性だったら、そこからさらに4週間安静です。

先生いわく、妊娠初期は動いたことで気付かないうちにダメになってしまうこともあり、

少しの可能性も見逃さないためだそう。

ネットで色々調べても、移植時から安静なんてうたってるとこは一つもなかったけど、

優しくて丁寧で真剣な先生に従ってみようと思い頑張りました。

うちは私も働いてたので、夫も本々家事はできるし、移植前には本やDVDを山ほど用意し、

ベット周りのセッティングも完璧にして挑みました。
夫は大変!

ご飯も3食作って、歯磨きの準備や後始末、身体拭いたり着替えさせたり、寝たきりの人を介護してるよう。

でも、協力してることで自分も一緒に治療に参加してることがうれしいと張り切ってました。

通院も先生が夫婦で来いって話してくれたおかげで、一緒に行くのが当たり前だったし。

ただ辛かったのは、着床するかもわからないなかでの10日間の安静というより寝たきりの生活のストレスと、

10日間で、筋力も体力もすっかり落ちて、ダメだったとき。

10日間の寝たきりって身体が以前の身体じゃなくなってるんですよね。

10歳くらい老けたような。
そこから戻れなくて。

それを繰り返すのが辛かった。

すごくいい先生だったし、看護師さんも受け付けも皆がアットホームで大好きだったけど、結果が出なきゃだめなんです。

それで夢に移りました。

今の結果は夢のおかげ。

夢に出会ってなかったら無理だったと思う。

けど、あの安静生活を経験したことで、安静は得意?になったし。

夫も「Sクリニックの経験が今に活かされてるな」と言って張り切ってます。

Sクリニックでは叶わなかったけど、経験したことはけして無駄でなかった。

Sクリニックに感謝です。
2008.09.28 Sun l 陽性判定後 l COM(8) TB(0) l top ▲
昨日から、生理のような赤黒い出血あり。

量は多くないけど、トイレに行くとポタポタたれる感じ。

時々、血のカタマリみたいなのも出て。

これは初です。

怖い。とにかく怖いです。

皆さんのブログを見ると出血してる人多いし、出血がふつうみたいにも思えるんだけど。

でも今朝になってもトイレに行くと出血してたので、夢に電話しました。

電話するのは3回目。

しつこいかなぁと思いながらも、でも今までの出血とは違うしね。

院長が対応してくれました。

「riccoさんね、出血は前回もあったし、今出血するのはしかたないから。カタマリもね」

「とにかく安静に。外に出ちゃだめ。

動くと出血するし動いたことで出血増えたらよくないしね。

安静にしてれば止まるから。どちらにしろ30日受診ね。」

でした。

毎度、答えは一緒ですがホッとします。

でも動いて出血したわけじゃないのになぁ。

これ以上ないくらいじっとしてるのになぁ。

前回の記事に「初期の出血は赤ちゃんがお部屋を広げてるから」

と素敵なコメントを頂きました。

その言葉を思い出して、自分に言い聞かせます。

たまちゃん、がんばれ!
2008.09.27 Sat l 陽性判定後 l COM(4) TB(0) l top ▲
受診日。

胎嚢確認後の注意事項に、「出血してる場合は車でくること」

とありました。

BT13の茶オリに続き、BT14には鮮血が一度あり。

そのあとも、茶オリが時々。

昨日は、お腹にズキーンとした痛みが走ったり。

昨日の夜は恐怖で泣きそうでした。

なので、夫に午前中お休みしてもらい、受診日はなるべく車で行くことにしました。

院長診察で、かなり出血があるとのこと。

表面にはそんなに出てないので、中で出血してるんですよね?

そのほうが怖い。

絶対安静ね。とだけ言われました。

胎嚢は8.9㎜と大きくなってました。

よかった~。

そのあと、看護師さんに注射をブスッと。



そして今日はうれしいことがひとつ。

看護師さんと終わり際、出血があると心配ですよねって何気なく会話をしたら、

それまで淡々と説明してた看護師さんが、

「あまり心配しないほうがいいですよ」

「て言っても先生が何も言ってくれないから心配になっちゃうんですよね」

って看護師さんが言ったんです。

乗りつっこみ?!

「でも何かあったら先生が必ず言いますから、何も言わないってことは

大丈夫ってことですから」

だって。

「心配しすぎも良くないからあまり考えずにリラックスして過ごすことも大事です」

って。

なーんて優しいんでしょう。

まるで心の中を読まれたみたい。

不安な時って、優しい言葉がほしいんですね。

わかるよ、大丈夫だよって言ってほしいんですね。

今日は看護師さんの優しい言葉で、とっても暖かい気持ちになれました。

帰りに大好きなペリカンのパンを買って帰りました。

そういえば、処置室で入れ代わりに来た方も同じような説明をされていて、

私と同じくらいの進行なのかな?

お互いがんばりましょうと心の中でつぶやきました。
2008.09.25 Thu l 陽性判定後 l COM(6) TB(0) l top ▲
朝から、少量の茶色いオリモノだか出血だか有り。

迷ったのですが、8:30頃夢に電話してみました。

受け付けの方が対応してくれて、先生と連絡つかず折り返しますと言われ。

待つこと10分。

院長が応答してくれました。

こないだの受診時(BT12)にもオリモノは出てたし今は出るのはしかたない。

その状態で2週間くらい維持できれば大丈夫。

下腹部の鈍痛もあることだから心配ない。

前回、胎嚢確認できてるから子宮外妊娠てこともないし。

とのことでした。

ちょっと安心です。

変化あった時は悩まず電話しちゃったほうがいいかも。

頭が、かゆくてかゆくて、今日はシャワー浴びようと思ってたけど、やめました。

ビビリな私。

ベット上で夫にドライシャンプーしてもらいました。
完全要介護者です。
2008.09.22 Mon l 陽性判定後 l COM(4) TB(0) l top ▲
昨日の2回目判定の記事に、

励ましのコメントありがとうございます。

読んでて涙が止まりませんでした。

不安で押しつぶされそうな中、皆さんのコメントは

なにより勇気をもらえます。

ブログを始める前は、夫婦二人っきりの戦いでしたが、

今は私たちだけじゃないって、

同じように戦っている仲間がいるんだって

思えます。

感謝感謝です。



さて、体調の方ですが、昨日から時々お腹が少し張るような、

軽い生理痛の鈍痛のような感じがしてます。


ブログ仲間の方のアドバイスで、安静を侮っちゃいけないと

あったので、完全寝たきりで過ごしてます。

PC寝ながら片手で打つのは辛いですね。

でも、今日はどうしてもお礼を言いたかった。



ご飯も歯磨きも寝たままです。


夫の協力なしには出来ません。

動けない私に代わり、初のたまごクラブを買ったり、

ネットで検索したりと、HCGのこと、出血のこと、

調べてくれました。

今も、癒し系お勧めDVDやマンガを借りに行っています。

ほんと頼りになります。

25日まで、安静を守って、赤ちゃんにいっぱい話しかけて、

成長を信じたいと思います。
2008.09.21 Sun l 陽性判定後 l COM(2) TB(0) l top ▲
BT12。

今日は2回目判定日。

結果から。

恐ろしいことに、HCG・・・2000。

2000はおかしい数値だそう。

すぐに内診に回され、院長に一言、

「出血しとるな」

と言われました。

今日から安静で、「要注意」な状態だそう。

ショックです。

内診で胎嚢確認は出来ましたが、2回目でそれっておかしいし、

2000て高い数値は、出血してて要注意ってことらしいです。

なので今はベットの上。

携帯からです。

目に見える出血は全くないのに、

中で出血してるなんて。

どうすれば無事に育ってくれるのでしょう。

不安で押し潰されそうです。
2008.09.20 Sat l 陽性判定後 l COM(12) TB(0) l top ▲
判定後、自己判断でちょっとした安定生活をしてます。

朝から一日中、ソファで過ごしてます。

食事も洗濯も夫まかせ

家から一歩も出てません。


でも・・・

体調になーんの変化もないんです。

陽性判定もらったかたの記事を読みあさると、

みなさん何かしらの変化があるのに。

おりものもまったくないし、お腹の張りもないし、

なるべく考えないようにしてるけど、

朝、だめなのかなってドキっとして目が覚めます。

怖いよ~。

夫は、ちょー喜んでて、名前考えたり、色々想像膨らませて

すっごいうれしそう。

甲斐甲斐しく、世話焼いてくれて。

この期待を裏切りたくないなぁ。

明日は2回目の判定日。

2回目って響きが嫌ですね。

1回じゃだめってこと?

2回目はHCGが8倍くらいになるらしい。

どうかしっかり着床してくれてることを祈って。
2008.09.19 Fri l 陽性判定後 l COM(2) TB(0) l top ▲
昨日の判定の記事にたくさんのコメントありがとうございました。

こんなにたくさんの方におめでとうって言ってもらって、

とても幸せな気持ちになりました。

ご自身が辛い状況でも、おめでとうって言えるのは

同じ苦しみを共有してる同士だからこそだと思います。

とても大事なおめでとうだと思ってしっかり受け止めます。

治療をしている全ての人にいい結果が訪れますように。


  

陽性判定を頂いて、まだどうなるかわからないから、

周りには言わないでおこうとなったのですが、

私の母にだけは言った方がいいと夫。

うちは、両方の両親にカミングアウトしています。

夫のほうは、治療してるよってことだけ2年前に言っただけで、

とくに詳しい話はしてないし、ありがたいことに、むこうもあえて聞きません。

私の母親には、体外したよとか、病院変えたよとか、近況を話してます。

母は特に子供を望んでいるわけではなく、子供が出来なくても、

いない人生だってあるのよとも言うし、かといって治療をしたい私の気持ちも

大事にしてくれて、手伝えることがあったら言ってと力になってくれます。

私がしたいなら治療すればいいし、できる全ての協力をしてくれます。

だから、孫がほしいとかは絶対言わないし、治療をやめろとも言わない。

そんな温かく見守ってくれた母なので、今回も心配してるはず。

「ここまできたんだから、それだけでも言ったほうがいい」と夫に言われ報告しました。

簡単に、数値が出たこと、陽性判定だったことを話しました。

すると、「まだわからないってことね」

と。さすが母。

「ひとつづつ、乗り越えていくしかないわね」と。

そして、安静にしてること、刺激物は避けることなど言われました。

とっても冷静。

でも、帰り際、転ぶなとか負担かけるなとかごちゃごちゃ言ってたので

やっぱり心配なんだなぁと。

母のためにも、このまま無事に出産までいけますように。

2008.09.16 Tue l 陽性判定後 l COM(2) TB(0) l top ▲
ついにドキドキの判定日。

BT7日。

今日は夫と一緒に

いつもより遅く9時過ぎ到着。

採血を済ませ、3Fで雑誌を見ながらぼーっとしました。

昨日も書いたように、だめかなという諦めムード半分だったので、

あえて何も考えないようにして臨みました。

30分ほど待って4Fへ移動。

4Fは座れないほど、いっぱいで呼ばれてる番号もほど遠い。

これは、だいぶ待つなあと。

夫は車で待機してたので

「まだかかりそうだから、順番近くなったら呼ぶね」とメールして待ってました。

すると、予想外に私の前の番号が呼ばれ、もしかして次?!

しかも院長の声!

慌てて「すぐ来て」と夫にメール。

でも、さすが院長。

秒殺の診察で、すぐ私!

二人で結果を聞くはずが、夫は間に合わなく一人で聞く羽目に。

どうしよう。

ノックして院長の顔を見たとたん、「出とらんね~」って聞こえそう

緊張して入ると、

「riccoさんね」

と、カルテの前の方に戻って見てる!

やっぱりだめってこと?

「HCG出とるね」

と紙を渡されました。

E2・・112  P4・・0.4  FSH・・0.6  B-HCG・・78.7

HCGが78.7!!

嘘みたいな数値です。

今までみたことない数値です。

「E2はちと低いね~。エストレース2錠づつに増やして、プラノバールは中

止ね。」

「20日にきて」

「このあと注射デポ打ってもらってね。看護婦さ~ん」


え?

以上?

「先生この日でHCGのこの数値はどうなんですか」

と質問。

指さす手が震えてました。

「ま、このくらいでしょ。妊娠反応出てるってこと。

ま、2回目でどうだかってとこもね」


終了です。

看護婦さんに呼ばれ、

「妊娠反応でましたね。おめでとうございます」

と言われ、泣いてしまいました。

薬の確認してデポ?250単位注射。

安静とかいいんですか?

と聞くと、

「まだ今の時点ではいいです。胎嚢が確認できてからでしょう。

ただ、激しい運動とかはしないほうがいいです」


処置室を出て、やっと夫と会えました。

泣いてる私をみて、だめだったのかと思ったみたい。

HCGの紙を見せると一瞬、え?って顔になって。

エレベーターの中で「HCG出たんだよ。まずは妊娠みたいよ」

と報告。

定番となったお隣のcafeで一息。

HCG今までは0.0という数値しか見たことなかったので

浮かれてしまいましたが、ちょっと冷静になると、

これで決定ではないんですよね。

2回目判定でどうなるかわからないし。

HCGが伸びないことや、心拍聞こえないことなど、

沢山の方のブログにおじゃまさせて頂いて、

悲しい現実もあることを少し知ったので。

これが、ぬか喜びになることも・・・

でも、でも、今日は喜んじゃおう。

とりあえず、0.0の壁は脱出できたから。

ここからどうなるか、まだわからないけど。

どうか、今までの辛い経験が報われますように。

どうか、出産まで無事に進みますように。

そして、同じ思いをしてるブログ仲間の方々、皆に幸せが訪れますように。


不妊治療がんばっている方がたくさんいます
勇気もらえます
にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村 マタニティーブログ 体外受精へ
にほんブログ村 マタニティーブログ 顕微授精へ
2008.09.15 Mon l クロミフェン移植周期-2 l COM(20) TB(0) l top ▲
移植をしてから今日で7日目。

BT6。

1日2日はソファやベッドでTVやマンガ読んだりとまったり過ごしました。

ご飯も夫が作ってくれて。

ここぞとばかりにお願いしちゃって。

時々、お腹を触って

「できたかなぁ」

「おーい、がんばれよ~」

なんて二人で話しかけたりして。

なんだか、もう妊娠したみたいな、

ちょっと妊婦さん気分を味わったりして。

夫も、重い物持ってくれたり「あんまり動くな」って言ったり。

治療の過程って、ひたすら通院して、採血して、内診して、薬飲んでと、

体外に進む過程だから、辛いことの方が多いけど。

移植した後だけが「できたかな」って期待できる期間ですよね。

この7日間って、もっとも幸せな時期なのでは。

お腹に話しかけてみたり、陽性反応を想像してみたり。

その分、だめだった時の反動は大きいけど。

ショックで立ち直れなさそうになるけど。

この期待がこのまま続いてくれるのが一番いいなぁ。

なのに、一昨日から昨日にかけて、ちょっとしたことで

夫とケンカして思わぬストレス。

昨日はちょっとお腹痛くなるし、今日はおりものっぽいものが・・・

こんなことじゃ、今回はだめかなって、ちょっと諦めムードも。

前半は幸せ気分に浸ってたけど、後半ぐらぐらでした。

唐辛子事件もあったし。笑

ま、幸せ気分も味わえたので、良しとして。

私たちの大事な卵ちゃん、どうかがんばってね。


不妊治療がんばっている方がたくさんいます
勇気もらえます
にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村 マタニティーブログ 体外受精へ

にほんブログ村 マタニティーブログ 顕微授精へ




2008.09.14 Sun l クロミフェン移植周期-2 l COM(1) TB(0) l top ▲
移植後、ゆったりまったり過ごしていました。

当日と翌日は、家事全般を放棄し、ベッドでだらだら。

テレビ見たり、マンガ読んだり・・・

でも、思いがけず、義父母が来たり、夫の職場の人が来たりして

慌てましたが。

2日目からは、さすがに始動。

昨日、庭に植えてある「唐辛子」が赤く成長したので、これは収穫せねばと。

唐辛子って、イタリアンにも炒め物にも万能な食材ですよね。

義母は冷蔵庫に入れとくだけよと言ってましたが、その言葉を信じず、

ネットであちこち探したら、やはり乾燥させるのが長期保存のコツ。

ほらね。と勝ち誇り作業開始しました。

まず、収穫した唐辛子をきれいに洗って。

乾燥が足りないとかびるらしく、かび防止には種とわたを取るのがいいとのこと。

なるほど~。

種とわたを取り除き、再度きれいに洗って、ザルに入れて乾かして・・・

その間に洗濯したり、掃除したりしてましたが。

なんとなく、手がひりひりするような?

見ると、指輪のあたりが赤くなってる?

そうこうしてるうちに、両手全体が痛い!

熱をもってるみたいな、やけどしたときのような痛さ!

激痛!

そうなんです。

唐辛子でやられたらしい。

水に手をつけると落ち着くんですが、出すとまた痛い。

今度はアイスノンで冷やしてみたり・・・

唐辛子ってカプサイシンの成分で熱くなるんだっけ?

たしか、冷え性防止で足先に唐辛子を入れるといいって聞いたような。

それで、やけどみたいに熱いのかな?

今度は唐辛子のかぶれについてネットで探すハメに

ありました、ありました。

私と同じような経験をされた方がいらっしゃいました。

その方は夜も一睡も出来ず、翌日皮膚科に行ったそうな。

とほほです。

夜はアイスノンを握り締めなんとか眠りにつきました。

そして、今日。

やはり痛くて痛くて、皮膚科へ。

最初の問診表で、妊娠の有無の欄に迷いました。

だって、妊娠してるかしてないか、何ヶ月かって記載しかないんですよ。

妊娠はしてないけど、陽性だったらしてることになるのかなあ?

悩んで脇に「可能性は有り」って書いちゃいました

そして診察。

Drに「植物のアレルギーは怖いのよ。唐辛子が危ないのは

常識」と言われてしまいました。

唐辛子を触る時は、木綿の手袋の上にビニール手袋をするそうです。

症例の写真を沢山みせてくれて、両手だけでなく、顔や全身が赤く

みみず腫れみたいに腫れてる写真で脅されました。

入院する人もいるそうです。

さいわいにも、私は軽症で見た目にはそんなにわからない程度。

そしてお薬は、

「飲み薬は妊娠中だったり、他に飲んでたりしたら・・・」

と言われ、女医さんだったので思わず、

「今、不妊治療中なんです」

と言いました。

そしたらなんと、

「やっぱり」

って、言ったんですよ?!

やっぱり?やっぱりってどういう意味なんでしょう?

それは可能性ありって書いたから?

それとも年齢とか私を見てなにか感じた?

謎です。

手のほうは薬を塗ったら、だいぶ落ち着きました。

が、体全体がアレルギー反応を起こしてるから、手で顔を触ると

顔が痛い、ひりひりしちゃう。

そんなわけで、綿の手袋とビニール手袋をして洗顔するように言われ、

体はナイロン禁止で石鹸でタオルで洗うようにと。

なんだかもう・・・

災難です

大事な時期に、違うことで通院するとは。

お腹に影響なきゃいいけど。

そして、唐辛子はめげずに天日干ししました

こんな苦労したんだから、おいしくなってね

皆さんも唐辛子にはご注意を。

とうがらし



不妊治療がんばっている方がたくさんいます
勇気もらえます
にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村 マタニティーブログ 体外受精へ

にほんブログ村 マタニティーブログ 顕微授精へ

2008.09.12 Fri l つれづれ l COM(5) TB(0) l top ▲
遅くなりましたが、移植日について。

9/8 D18 移植日

朝7:50頃 夢到着。

番号は20番台。

採血し、診察。

この日はクロミフェン始まって初の院長でした!

ちょっと、びっくり。

「riccoさんね、生年月日○○、カルテ番号○○、合ってますね」

「はい、今日移植ね」

「凍結卵は、二つ。5日と、6日だから、5日のやつね」

久々すぎて、院長のスピードについていけず、返事だけを繰り返しました。

やったぁ!移植できる!

そして、Nsから移植時の注意事項。で、外出。

10時には外出できちゃいました。

お昼には早いので、お隣のcsfeへ。

1時間ほど読書。

12時半には戻らないとならないため、11時からやってるお店を探し、ランチ。

13時ころ、培養士さんから説明。

5日凍結の卵、融解し現時点では、グレード3。

たしか、凍結時にはグレード2だったような?

聞いてみると、融解の段階で、スピードや形等でグレードは変わるとのこと。

また、時間の経過とともに、グレードが変化するので、移植時には変わってる

こともあると。

アシストハッチング、前回はしなくて今回するのは、前回は自然周期だったので

自然な形でしたけど、今回はHR(ホルモン調節)なので、アシストハッチングも

するのが通常だからと。

説明が終わるとすぐに5Fへ。

移植は14時からと言われてたのに13時過ぎにはスタートでした。

着替えておトイレを済ませると、すぐに私の番。

早っ。

何度、採卵や移植を体験しても、あのOPE室のような雰囲気には慣れず。

みんなの前で、足を開いて見られてる感は、いっそ麻酔で意識ないほうが

いいなと思っちゃいます。

出産だったら喜んでOKだけど。

そして移植。

私の子宮はかなりの屈曲で、前回の移植時もなかなかカテーテルが入らず、

すっごい時間がかかったので、今回もちょっと不安。

説明してくれたNsにも培養士さんにも、それを話したのだけど、

前回できてるから大丈夫ですよと言われました。

カテーテル入れて一言目。

「なんだ、これは」

と、院長。

だから言ったじゃ~ん。

「こんなの、ありえへん」

「どうなってるんだ」

ありえへんと言われても・・・

激痛に何度もおしりが浮いて、

「おしり浮かない!」

と怒られてしまうし。

ついに、

「ここで行き止まりだな」

と、試行錯誤し、なんとか移植。

大丈夫かなあ。

行き止まりでやめたのかしら?とちょっと不安になりましたが、

あの完璧な院長がそんなことはないでしょう。

そんなこんなで無事移植終了。

「移植経過表」を渡されて・・・

E2・・128  P4・・0.5  FSH・・3.5  B-HCG・・0.0

移植時のグレードは2。 内膜は12mm。


そして、14時前に終了。

今日は夫が車で迎えにきてくれることになってて、

15時過ぎに約束していたので、しかたなくまたお隣のcafeへ。

本日2回目。

お店の人覚えてたら嫌だなあ。




なんとか、無事に移植もできて、夫もほっとした様子。

こうなると、ついつい期待しちゃうけどと。

あとは無事に卵ちゃんが着床してくれることを願うばかりです。

どうか、どうか無事に育ってくれますように。

私たちのもとに産まれてきてくれたら、絶対絶対、大事に育てるから。

ずっと一緒にがんばってくれてる夫に、今度こそ赤ちゃんを抱かせてあげて

あげたい。

二人で子供を育てる喜びを味わいたい。

私たちの卵ちゃん、がんばって。

2008.09.11 Thu l クロミフェン移植周期-2 l COM(5) TB(0) l top ▲
運命の移植が、いよいよ明日になりました。

緊張

3日続けて岩盤に通い、昨日はマッサージしてもらい、

準備万端。

でも、ちょっとおりものらしきものが・・・

気になる

明日「移植できません」って言われたらどうしよう。

そればかり頭をぐるぐる

やばいやばい。

できるできるって言い聞かせなきゃ。

大丈夫。

お腹温めるようにがんばったし、

仕事のストレスもないし。

うんうん。できるできる。

偶然にも、ブログ仲間の方が同じ日に移植がわかり、

一人じゃないって勇気づけられたし。

ふかふかのお腹に卵ちゃんがふわっとくっついてくれる姿を想像して。

明日がんばってきます。
2008.09.07 Sun l クロミフェン移植周期-2 l COM(7) TB(0) l top ▲
今日は3日後の移植に向けて、体を温めてようと思い

岩盤浴に行ってきました

岩盤はしばらく行ってなかったのですが、思ったより

汗が出て、肌もつるつる

おまけに今日はなんと垢らしいものまで出ました

あたしって汚いのかしら。

久々だったけど、やっぱり岩盤はいいなと実感。

お腹が直に温められて、汗が出ることで体に溜まった悪いものが

出て行く感じがします。

移植直前になって、ジタバタあがいてます。

移植時に、ふかふか温かいお腹でむかえられますように。

夜は友達のうちにご飯を食べにいきました。

友達といっても10歳以上上の人なんですが。

産まれて半年の、にゃんこが2匹いて、遊んできました。

ねこってねこじゃらしでずーっと遊んでられるんですね~。

まだ子猫だから、ちょーかわいかった

うちは、子供のころから犬を飼ってて、歴代柴犬。(もう死んじゃったけど)

だから断然犬派。

夫は猫も好きなんだけど、猫アレルギーなんです。

早く犬を飼いたいねってずーっと言ってるけど、いまだに飼えない。

治療費に翻弄され犬を買うお金に回らないんです


今日、猫と遊んで猫もかわいいなと思っちゃいました


その友達は治療のこと話してないので、冷た~いジュースやら、

冷た~いアイスやら、色々出してくれました。

岩盤で温まったお腹が

明日はマッサージに行くぞ
2008.09.05 Fri l 体にいいこと l COM(4) TB(0) l top ▲
通院日。D14。

今日は運命のD14。

先月はここで「卵が育ってるので中止」と言われた日。

昨日から憂鬱で、行きたくないモードでした

午前受診の時は8時前には行くのですが、

今日は気が乗らず、少しゆっくり行きました。

9:30到着。60番台。

HR周期のスケジュール表によると、今日は採血と診察のみ。

なのに、前回は内診に呼ばれ(先生が数値を見て内診にまわしたみたい)


今日も内診だったらアウトだなと予想し・・・

4Fで待つ間、看護師さんの声で呼ばれるか、先生の声で呼ばれるか、

もうドキドキでした。

看護師さんの声が私の番号を飛ばしていったので、「これはセーフかも?」

と淡い期待を抱いて・・・5番で呼ばれました~。

E2・・157

前回より下がり、合格で~す

今日のお昼からプラノバール内服です。

エストレース・・・3/一日1錠 7時15時23時

デュファストン・・・3/一日2錠 7時15時23時

プラノバール・・・1/一日1錠  昼食後

です。

そして、移植は9/8に決定です。

よかった~。ホントによかった~。

どうすれば、薬が効くか考えて。

D10からは漢方やめてみました。

それと、うちは朝ゆっくりなので、7時の薬はアラームで起きてベッドで飲んだら、

そのまま寝てたんですが、すぐに寝ちゃうから胃まで届かず、吸収悪いのかもと思い、

7時に飲んだらそのまま起きるようにしました。

それと、普段から水分取らないほうなんですが、薬飲む時がんばって

いっぱい水飲みました。

というような、アホな努力をしてみたのです。

それでも、今回もだめなのかもと、沈んでいたので、すっごいうれしいです。

まだ、結果がでたわけではないのにね。


というわけで、受診後、一人でプチ祝賀会です

銀座で遊んじゃうぞと、銀座まで歩いていきました。

途中、リクルートビルで開催中の絵画展によって。

昨日ラジオで聞いて気になってたんです。

ギャラリー1

160人のイラストレーターの方が銀座をテーマに描いた絵が展示されています。

サイズは一緒で販売もしてて、著名な方から新人の方まで、一律35000円だそうです。

普段、絵なんてまったく見ないのですが、なんとなく目の保養になるかなあと。

むかーしの銀座を描いた絵や近代的なもの、アニメチックなものと

幅広い作品がありました。

お金があったら書いたいくらい。

夢から歩いて10~15分くらいのとこなので、散歩がてらにいいですよ。

9/12までやってます。

ちょっと素敵な空間です。

ギャラリー2


そして、銀座でランチ。

こないだ行ったタイ料理が入ってる銀座グラッセへ。

リストランテ・ヒロ・ギGINZAにしました

ほぼ満席で、一人ぼっちはあたしだけ。

ちょっと居心地悪いぞ



ランチ9.4

ナスのトマトソース。チーズがかかってて濃厚。

ランチ9.4.2
なんだかよくわからないデザート。
(写メ撮る前に食べちゃいました)

それと、パンに紅茶。

で、なんと1750円もしたの

これで?って感じでした。

プチ祝賀会ちょっと高いぞ。

そのあと、銀座の街をブラブラ。

私、銀座って大好きなんです

ちょっと大人の雰囲気で、渋谷とか新宿みたいに、わさわさしてなくて。

クリスマスの時期なんて歩いてるだけで楽しい。

そして、三越の化粧品売り場へ。

最近、気づいたことが一つ。

太ってきたせいか、歳のせいか、顎回り?フェイスライン?がたるんでるような

ちょっと下を向くと、二十顎になるような。

今までそんなことなかったので、密かにショックだったんです。

で、SUQUUへ行き、田中 宥久子さんの造顔マッサージしてもらいました~。

ちょー痛い!けど、効きそう!

移植したら、しばらくゆったり過ごすつもりなので、マッサージしてみるか。

マッサージ後に、メイクもしてくれて。

普段、うすーくしか化粧しない私が、塗りたくられて、正直怖い。

怖いぞ。

目がお化けのようだぞ。

目力はありそうだけど。

まっすぐ帰るんでよかった~

朝、家を出たのに気づいたら夕方になってました。

昨日まで沈んでたのに、移植できるってなったら、もうウキウキで。

厳禁なあたし。

一人遊びも上手になってきたなぁと、しみじみ。



そして、これからが、本番です。

移植当日に、ホルモン値が悪くて移植中止もありえるとのこと。

そして、移植が上手くいっても、着床までいかなきゃOUTです。

今までの治療で着床したことは一度もないんです。

いつも、0の数値が見えるだけ。

どうか、今度こそうまくいきますように。

2008.09.04 Thu l クロミフェン移植周期-2 l COM(5) TB(0) l top ▲
今日は朝からお出かけ。

仕事を退職してから、ハローワークで失業保険の待機中。

求職活動のため、「福祉人材センター」へ行ってきました。

登録して、求職証明を頂いて、求人をチラッとのぞいたりして。

ケアマネジャーという仕事で探したのですが。

求人の少ないこと!!

一時期は売り手市場だったのに、今はまったくです。

福祉業界ってなんでこうも不況なのかしら。

何となくショックをうけて・・・

どちらにしろ、今すぐには働けないのだけど。

HR周期だと、夢のスケジュールが絶対だし、転職してすぐに休めないだろうし。

パートがいいのだけど、正職の求人しかないし。

そして午後は12月に予定されてる講師の仕事の打ち合わせ。

これは、知り合いに頼まれて単発なので受けたのだけど。

その内容も打ち合わせに行ってみたら、微妙に違ってて。

これまた、ショック。

最初に頼まれたときには、私が主導で、

補佐に2名の先生がつく予定だったのですが、

その補佐が、70過ぎのちょーベテランの方。

わたしなんて足元にもおよばないような。

で、いつのまにか、その方が主導で私が補佐になってた!

確かにね、どう考えても絶対そのほうがいいのだけど。

生徒さんにとっても、未経験の私にとっても。

それを考慮してそうしたんだと思うのだけど。

でも、でも、がんばってたんです。

教科書いっぱい読んで、勉強する気満々だったんです。

午前も午後もがっかりな一日。

仕事も出来ないし、キャリアも止まっちゃって。

あたしって何だろうって思っちゃいます。

治療がいつまで続くかわからないし、

治療がある限り、仕事は中途半端なままなのかなとか。

かといって、正職で仕事したら、また前のように、仕事仕事で

ストレスかかえるし。

うまくいかない

どうしたらいいのか、わからなくなっちゃいました。

夕方、家に帰っても、どんよ~りした気分が抜けず・・・

明日の通院、行きたくないよ~。


そんなわけで、気分転換に、クッキー焼いてみました

なぜクッキーかというと、家にある材料でできるのが

クッキーぐらいだったから。

お菓子作りって、それだけに集中できるでしょ。

気づいたら12時。

こんな時間に家中あまーい香りが、ふわふわと。

太るなあ


クッキー




2008.09.03 Wed l 仕事のこと l COM(2) TB(0) l top ▲
「体を温めると病気は必ず治る」 石原結實著

41RX3H5G9TL__SL500_AA240_.jpg


去年だったかな。

この本に出会ったの。

私の父のお薦めで読みました。

冷えは万病の元というように、冷えが全てに災いするということが

この本を読んで納得。

もう一冊、「ガンが逃げ出す生き方」というのもあるんですが、

ガン細胞って低体温で発症するらしく、常に高温を保っていれば

ガンにならないそうな。

gan__SL500_AA240_.jpg


知り合いの看護師にその話をしたら、えらく納得していました。

で、不妊も冷えが原因になってることもあるって。

今じゃ、あたりまえだよって思うことも、この本を読むまでは

そう思えなかったです。

私の父はうるさくて、踵の高いハイヒールを履いてると、

そんな靴はいてたら足を痛めるって見るたびに言うんです。

はっきりいって、うざいんですが、これを読んで納得。

お父さん、ありがとうって感じです。

で、この本では、プチ断食や、ニンジンりんごジュースなど、

健康法を書いてあるのですが、プチ断食なんて食いしん坊の

あたしにはとんでもない!

無理でした。

その中で、生姜紅茶をお勧めしてて。

生姜は、漢方にも必ず登場する東洋医学では、すごい存在。

体を温める効果抜群!

冬の間は、毎日のように生姜紅茶飲んでました。

でも、けっこうめんどくさい。

すりおろすのがね。

で、粉末タイプのものを買ったり、蜂蜜漬を買ったり、

色々試しました。

夏場は暑いので、やってなかったんですが・・・

ブログ仲間さんがおいしいと言ってた粉末を取り寄せてみました!


生姜

なんと、おいしい!

辛すぎず、でも生姜の感じは残ってて。

生姜粉末に蜂蜜とミルクと紅茶で飲んでます。

なかなかいける

飲むと暑くなるんですが、冷えた体が温かさを

取り戻す瞬間が伝わる気がします。

お勧めです。

生姜のお勧めになっちゃったけど、その本は

なぜ、冷えがいけないのか、どうすれば冷えないのか

とってもわかりやすく書いてあります。

そして、石原先生の断食してるホテルもあって、

著名人が行ってるそうです。

2泊3日とか1週間とかで、断食してデトックスするそうです。

効きそう~。

2008.09.02 Tue l my book l COM(8) TB(0) l top ▲
今日はヨガに行ってきました。

ホットヨガは、頭痛やのぼせ?や気持ち悪くなったりと、

どうも体調に合わないらしい。

それと、どちらかというと、体育会系?アクティブな感じ?

汗をかくにはいいのですが、瞑想とかリラックスとかとは、程遠く。

私のヨガの目的は、不妊治療の一環。

血液循環をよくすることと、リラックス。

なので、ネットで探して違うとこに行ってきました~。

隣の市で、個人で教えてるヨガ教室です。

20代くらいのかわいい先生。

生徒さんも5~6人でこじんまりと。

ヨガの種類は、リラックスヨガと、アクティブヨガと、ストレッチヨガ。

今日はストレッチヨガに参加しました

始めに、ヨガの説明をしてくれて、呼吸法でスタートです。

ストレッチヨガは陰ヨガからきていて、体の表面の筋肉よりも

体の内側に働きかけていくものだそう。

同じポーズをじーっと3分くらい行うのが、けっこうきつかった~。

でも、自分のどこが痛いのか、どこに効いてるのか、再確認。

じーっとしてるせいか、トローンとしてきて・・・

終わり間近には、寝ちゃいそうでした

でも、陰ヨガは寝てもいいんだって。

寝てるか起きてるかわからないくらいの感覚になるそう。

それにしても、私ってなんて硬いんでしょう

自分の体の硬さを再確認でした。

股関節や膝が硬くて硬くて・・・

続けたらやわらかくなるのかなあ。

それと、腰痛。

介護職で現場にいた時代に痛めた腰が、時々痛みます。



今日のポーズは骨盤を開いたり内臓に働きかけるってことは

不妊にもいいかしら。

そして何よりほんわかした雰囲気がいいですね



不妊治療がんばってる方がいっぱいです

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村 マタニティーブログ 体外受精へ

にほんブログ村 マタニティーブログ 顕微授精へ








2008.09.02 Tue l 体にいいこと l COM(2) TB(0) l top ▲
この記事、見ました?

ちょっと気になったので載せちゃいました。

卵子バンクが出来るって

日本ではタブーとされてきた卵子の提供。

日本は、夫婦以外の体外受精も禁だったから

海外に行くしかなかったんですよね。たしか。

でも、卵子バンクが出来れば(そして認められれば)

卵子の提供を受けて体外受精できるってこと。

自分の遺伝子ではないけど。

ちなみに、卵子の提供は35歳未満の女性で、無償。

ボランティアですね。

そんな人いるのかしらとも思うけど。

法整備の問題や倫理観など、問題は山積みのようだけど、

不妊治療の画期的な前進になるのでは。

私は今のところ、自分の卵で受精できているけど、

歳と共に受精できなくなる可能性もあるし、

受精しても卵の質の低下もあるし。

むかーし、治療を始めたばかりの頃は、

「体外受精まではしないかな」

なーんてのんきに思ったものだけど、

治療が進むにつれ「自然じゃ100%無理です」って言われたら、

「体外受精をするしかない」って思ったし。

今は自分の遺伝子で、夫との赤ちゃんを授かりたいって思ってるけど。

それが出来ないってなったら?

向井亜紀さんの著書を読んで、代理母という選択も、

それしか方法がないってなったから、そうなっただけ。


卵子バンクも、倫理的に問題はあるだろうけど、

どうしても子供が欲しくて、でも出来なくて、

それしか方法がないのであれば、

そして卵子バンクがあることで、授かる希望が持てれば、

治療してる人間にとってありがたい進歩です。




気になる記事はこちら↓

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080830-00000027-yom-sci


それと、卵子バンクを設立する機関って民間の21の不妊クリニックの団体で

「日本生殖補助医療標準化機関」てとこ。

残念ながら、夢は入ってませんでした。

加藤先生の著書にあったけど、「夫婦の遺伝子で」っていうポリシーがあるからかしら。

「日本生殖補助医療標準化機関」→ http://www.jisart.jp/


不妊治療がんばってる方がいっぱいです

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村 マタニティーブログ 体外受精へ

にほんブログ村 マタニティーブログ 顕微授精へ

2008.09.01 Mon l YAHOOニュース l COM(3) TB(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。