上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
先日の夢の受診日、夫も夏休みをとって一緒に行きました。

夢のあと、今日は一日お出かけです。

思ったより夢が早く終って銀座まで、ブラブラ。

銀座に着いたら、ランチまで時間がありすぎ!

お茶はもうしたし、見たい物はないし、どうしようか迷ってたら・・・

ソニービルで「ハイビジョン 沖縄美ら海水族館」 を発見!!

ソニービルの前に大きな水槽があって、エイやらサメやらがいるじゃないですか


sakana2.jpg
マンタかわいい~


sakana3.jpg

あごが素敵。



で、「ハイビジョン 沖縄美ら海水族館」 は本物の水槽はここだけ。

ビルの中にあるのは全てハイビジョン。てことは映像ですね。

無料だし、時間つぶしに入ってみました

ソニーの大きなテレビとかカメラとか、最新のものが展示されていて機械好きの夫は興味津々。

一番面白かったのは、8Fの3Dソニーアクアリム!

ディズニーにもあるメガネかけて見ると、映像が立体に飛び出して見えるやつですね。

沖縄のきれ~いな海を体感できて、色とりどりの可愛い魚や珊瑚がきれいで、

しばし癒されました

結婚前はダイビングにはまった時期もあって沖縄も2回ほど潜ったなぁ。

・・・などと感傷に浸りながら。

そうこうしてるうちに12時になり、おまちかねのランチです。

リサーチ好きの夫のセレクトにより「サラリーマン・OLのランチランキング」だったかな?

とんかつ屋さんへ。

大丈夫か?ってくらい古びたお店で(ごめんなさい)

席はカウンター6席くらいとテーブル1席だけの古い店内。

ヒレカツ定食900円。

さくさくして美味でした。(お店の名前忘れました

ranti.jpg

午後は、浜松町まで電車で行き、そこからモノレールで「整備場駅」へ。

なんだと思うでしょ。

今日は社会科見学です。

JAL(日本航空)の「日本航空安全啓発センター」へ行ってきました。

中は写真撮影禁止だったので、入り口のみ。

JAL1.jpg

1985年にJAL123便の墜落事故で520名の方がお亡くなりになって、そのような事故を

二度と起こさないために2年前に設置されたセンターです。

今年の夏に堤真一主演の映画「クライマーズハイ」を見て、初めてその事故を知って、ニュースで

安全啓発センターのことを知って、行って見ようってことになったのです。

JALの社員さんが案内してくれて、事故の原因や事故当時の状況を説明してくます。

実際の尾翼が展示されていたり、熱で形が崩れてしまった被害者のメガネや時計、墜落直前

に書いた遺書なども展示されています。

生々しくて、見るのも辛くなったけど、戦争と同じで記憶することで繰り返さないようにすること

が大事なのかなと思って。

私たちを入れて10人前後の方がいたのだけど、その中に親子連れがいて、お父さん・お母さん

と小学生くらいの子3人。

なんで、子供がって最初思ったけど、遊園地とか映画とか行くのもいいけど、ここに連れてくる

ことで、子供の情緒とか成長にとっていい刺激になるかもと思って。

私も親になったら見習おう。

さて、社会科見学の後は、どんよりした気分を一変。

キリンのビール工場へ!

今回のプランは夫まかせだったので、移動してびっくり!なんと横浜!

遠いって

電車乗り継いで生麦駅から徒歩10分。

16:30やっと到着!

またしても中は写真撮影禁止でした。

kirin1.jpg


1時間かけてビールが出来るまでの工程を見学。

時間が遅かったせいか、飛ばし気味の説明で終了。

たいしてためにならなかったけど、見学の後はおまちかねの試飲です

このために来たんです

なんと、試飲のチケット2枚もくれるんですよ~。キリン太っ腹だわ

kirin2.jpg

ごきゅごきゅごきゅ。くぅ

んまいっ

遠くまできたかいがあったぞぉ。

ビール飲んじゃったせいか、いい気分になって今日は飲みに行こうぜ~となってしまい、

夜は地元の韓国料理へ。

yoru1.jpg

yoru2.jpg

チヂミとサムゲタン。ボリューム満点でした。

朝6:30に家を出て、夢行って、銀座のソニービル行って、LAL安全啓発センター行って、

横浜のビール工場行って・・・なんて長い一日。毎度よくばりすぎですね

でも、こんなデートもいいかも。

ちなみに食事以外は全て無料です

治療費がかさむ今、貧乏デートおすすめですよ
スポンサーサイト
2008.08.26 Tue l つれづれ l COM(4) TB(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。