上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
D14 採卵日

今日はいよいよ採卵。

7時20分に来てくださいとのこと、朝6時前に家を出発。

採卵の人、私を含めて6人くらいいたのかな。

8時過ぎに自分の番がきて、どきどきしてオペ室へ。

何度経験してもどうしても力が入っちゃいます。

今日は院長に足を押さえられました

だって痛くて自然に動いちゃうんですもん。

採卵はそうでもないけど、移植のときなんて

「ありえないくらいカーブしてる」らしく、ぐりぐりされてそりゃ大変。

前の病院でも、採卵も移植も時間がかかるからと一番最後でした。

いつも思うこと、胸の上に手を組んでるけど、私としては分娩代のような

掴む所がほしいです。(見たことないけど)

採卵後、1時間休み内診、診察へ。

予想してたことだけど、あまりいい卵じゃないみたい。

3つのうち、一番いいLLの卵(スーパーの卵みたいですよね)でも

ぼやけていて、他二つは形もいびつで(院長はおむすびって言ってました)

透明帯の細胞もがたがた。

他のSの卵なんかは1.2周期遅れて育っているそうです。

FSHが高いこと言われました。

でもリセットしたのに遅れて育ってるってなんででしょう。

疑問が残ります。

培養士さんからの説明では、3つのうち1つは成熟しきってないので

今日の夕方まで様子をみるとこと。

前回、胚盤胞までいってるので卵に力があるでしょうと。

透明帯の周囲の細胞ががたがたでも顕微だととってしまうので問題ないこと。

胚盤胞までいっても180μ/m以下だと凍結しないこと。

明日、受精したか運命の電話です(どきどき)

今回は生理もずれてFSHも高くてはじめる前から、調子悪かったので

なんとなく期待はできなかったけど、採卵できたってことは1回に数えられてしまうし

せっかく採卵できた卵ちゃんを無駄にしたくないので、どうか神様、無事に受精し

お腹に戻してあげれますように。

11時頃終了し、夫と一緒だったのでお腹の痛みを抑えてランチへ。

うちの夫はリサーチ好きで、どこか行くとなると、とことん調べます。

今日のランチも昨日のうちに2件ピックアップして地図もプリント。

頼もしいです。

中国山西省の刀削麺、ピリ辛で美味。

帰りに浅草のペリカンというパン屋さんでパンを購入(車だったので)

ペリカンって知ってます?

昔からある老舗で、食パンとロールパン、ドッグパンしか置いてないんですよ~!

今時ありえないでしょ?!

本棚のような棚に食パンとロールパンたちがどっさり並んでるだけ。

ロールパンなんて人気で予約しないと買えないんです。

遠くから買いにくる方や、喫茶店やホテルでも出してるそうでパンの卸みたいなお店。

味はそぼくな味で、よけいなものが一切入ってない。昔から同じ味なんだと思います。

食パンはトーストするともっちりして弾力あって他のパンじゃ物足りなくなっちゃいます。

今日は採卵だったから、がんばったご褒美と題していっぱい買っちゃいました(ごきげん!)



スポンサーサイト
2008.06.30 Mon l クロミフェン採卵周期-1 l COM(4) TB(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。