上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
夢に通うときの電車の中、待ち時間、皆さんはどうしてますか。

私は本が手放せません。

以前の病院も含めて、いったい何冊読んだことか。

せっかくなので、今まで読んだ本や気になる本、お薦めの本などを

紹介していこうと思います。

皆さんもこれいいよ!って本があったら教えて下さいね。


記念すべき第一弾。

償いの椅子 著:沢木冬吾(角川文庫)

初めて読んだ沢木冬吾。

サスペンスまではいかないかなあ。

なんというか・・ハードボイルド。

5年前ある事件をきっかけに行方をくらましてた主人公が車椅子になって

仲間の復讐のために現れるお話。

展開が早くて映画にしたら面白いだろうなあと思う作品でした。

家族とのやりとりがジーンときます。

うーん、おもしろさが伝わりませんね(表現力徐々にあげていきます!)


待合室だけでは足らず、一気読みでした。

償いの椅子(著:沢木冬吾)


スポンサーサイト
2008.06.26 Thu l my book l COM(3) TB(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。