上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
D14 採卵日

今日はいよいよ採卵。

7時20分に来てくださいとのこと、朝6時前に家を出発。

採卵の人、私を含めて6人くらいいたのかな。

8時過ぎに自分の番がきて、どきどきしてオペ室へ。

何度経験してもどうしても力が入っちゃいます。

今日は院長に足を押さえられました

だって痛くて自然に動いちゃうんですもん。

採卵はそうでもないけど、移植のときなんて

「ありえないくらいカーブしてる」らしく、ぐりぐりされてそりゃ大変。

前の病院でも、採卵も移植も時間がかかるからと一番最後でした。

いつも思うこと、胸の上に手を組んでるけど、私としては分娩代のような

掴む所がほしいです。(見たことないけど)

採卵後、1時間休み内診、診察へ。

予想してたことだけど、あまりいい卵じゃないみたい。

3つのうち、一番いいLLの卵(スーパーの卵みたいですよね)でも

ぼやけていて、他二つは形もいびつで(院長はおむすびって言ってました)

透明帯の細胞もがたがた。

他のSの卵なんかは1.2周期遅れて育っているそうです。

FSHが高いこと言われました。

でもリセットしたのに遅れて育ってるってなんででしょう。

疑問が残ります。

培養士さんからの説明では、3つのうち1つは成熟しきってないので

今日の夕方まで様子をみるとこと。

前回、胚盤胞までいってるので卵に力があるでしょうと。

透明帯の周囲の細胞ががたがたでも顕微だととってしまうので問題ないこと。

胚盤胞までいっても180μ/m以下だと凍結しないこと。

明日、受精したか運命の電話です(どきどき)

今回は生理もずれてFSHも高くてはじめる前から、調子悪かったので

なんとなく期待はできなかったけど、採卵できたってことは1回に数えられてしまうし

せっかく採卵できた卵ちゃんを無駄にしたくないので、どうか神様、無事に受精し

お腹に戻してあげれますように。

11時頃終了し、夫と一緒だったのでお腹の痛みを抑えてランチへ。

うちの夫はリサーチ好きで、どこか行くとなると、とことん調べます。

今日のランチも昨日のうちに2件ピックアップして地図もプリント。

頼もしいです。

中国山西省の刀削麺、ピリ辛で美味。

帰りに浅草のペリカンというパン屋さんでパンを購入(車だったので)

ペリカンって知ってます?

昔からある老舗で、食パンとロールパン、ドッグパンしか置いてないんですよ~!

今時ありえないでしょ?!

本棚のような棚に食パンとロールパンたちがどっさり並んでるだけ。

ロールパンなんて人気で予約しないと買えないんです。

遠くから買いにくる方や、喫茶店やホテルでも出してるそうでパンの卸みたいなお店。

味はそぼくな味で、よけいなものが一切入ってない。昔から同じ味なんだと思います。

食パンはトーストするともっちりして弾力あって他のパンじゃ物足りなくなっちゃいます。

今日は採卵だったから、がんばったご褒美と題していっぱい買っちゃいました(ごきげん!)



スポンサーサイト
2008.06.30 Mon l クロミフェン採卵周期-1 l COM(4) TB(0) l top ▲

日本で不妊治療を受けるということ 著:まさのあつこ (岩波書店)


図書館で発見して借りました。

調べ物をしたり資料を探しに図書館へよく行くのですが

ついつい関係ない物まで借りてしまいます。

著者のまさのあつこさん。

もともとジャーナリストで衆議院議員秘書もしてた方。

40歳で不妊治療に専念するために秘書のお仕事を辞めて。

治療したのは半年だけ。体外受精も1回だけと決めて。

残念ながら妊娠には至らず、諦めて治療の経験を本に。

一回だけなんていさぎよすぎ。

本には、その時の気持ちはもちろん、日本の生殖医療の実態や問題に

ついて取材をもとに書いています。

あまり深くは書いてないけど、わかりやすくてよかったです。

私は不妊治療に関する本をときどき読みます。

病院の先生が出してる本とか、絶対出来る!とか安易に希望をもたせる

本は好きじゃないのですが(KLCは読みました)

不妊治療の体験者や代理母のことや、時々目につくと読んでみます。

なんでかというと、知識として知りたい気持ちもあるし、きっと「予防線」なんです。

この先、もし子供が授からなかったら・・子供のいない人生だったら・・

自分がどう生きていけるのかなって。

悪いことも想像してそれに耐えられるようになのかなあ。

すごいマイナス思考ですよね

それと、不妊治療をしてる人だけじゃなくて全ての人に読んで欲しいと思います。

不妊治療の実態って知らない人がほとんどですよね?

人工受精と体外受精の違いもわかってなかったり・・

だって10人に1人だもん。関係ないもん。って。

世の中に不妊が浸透して不妊の人がいるのが当たり前と思う世の中になってほしい。

なので、まず自分が買って購入者を増やそうと思ったりもして(今回は図書館だけど)

と本の紹介じゃなくなっちゃいました

お薦めで~す。

日本で不妊治療を受けるということ
2008.06.29 Sun l my book l COM(1) TB(0) l top ▲
昨日通院してきました。

D10が書いてなかったのでD10から。

左奥に14くらいの卵ふたつ。
8.9くらいの卵ふたつ。

右浅いとこに10くらいの卵ふたつ。

で、計6こ。(今までそんなにできたことないのでびっくり!)

E2 1143 LH 16.3 FSH 11.4

フォリスチム150単位注射。

LHが高すぎるとのこと。

通常なら10以下。1以上だとピュッてあがっちゃうかももね~だって!

院長、ピュッてかわいいんですが。

でもピュッは困ります~。

・・・どきどきしたままD12へ。

6/28 D12

今日は土曜日だったので夫も一緒に通院。

8時10分前に着いたのにちょー混んでました。

受付機の列、折り返してましたよ。

今日はS原Dr。

卵胞ぐっと大きくなってきている。

左が19.15.

右が20.15.

4つとれるといいですねと。

E2 1599 LH 15.4 P4 0.8 FSH 10.4

今日の23時にスプレキュア。

あさって採卵しましょうと。

診察終了~。

で、今日はまだ病院続き。

漢方飲んでるのですが、今日はその受診もあって。

銀座に移動して「玄和堂」へ。

知人に紹介してもらって通い始めて半年。

行ってる方います?

ここの先生とっても話やすくて気に入ってます。

漢方始めて1年もしくは半年は治療休んで身体作りをするように言われて

ホントに半年我慢しました。

で、今回のクロミフェン周期にはいるので、どきどきしながら先生に

「半年経ったので、体外受精再開したいのですが・・」と言ったら、

「いいんじゃない」とあっさり。

「まあ、半年でまだお腹硬いからやってもどうかなとは思うけど、

やってみてだめだったらまた身体作りをして・・」と。

お許しがでたのでとりあえずホッ。

その後は久々に銀座でランチしてきました

朝6時半に家をでて帰ったのは3時。

通院疲れです。。。

明日は採卵。

無事に採卵できて受精、分割できることを祈るばかりです。


2008.06.29 Sun l クロミフェン採卵周期-1 l COM(0) TB(0) l top ▲
夢に通うときの電車の中、待ち時間、皆さんはどうしてますか。

私は本が手放せません。

以前の病院も含めて、いったい何冊読んだことか。

せっかくなので、今まで読んだ本や気になる本、お薦めの本などを

紹介していこうと思います。

皆さんもこれいいよ!って本があったら教えて下さいね。


記念すべき第一弾。

償いの椅子 著:沢木冬吾(角川文庫)

初めて読んだ沢木冬吾。

サスペンスまではいかないかなあ。

なんというか・・ハードボイルド。

5年前ある事件をきっかけに行方をくらましてた主人公が車椅子になって

仲間の復讐のために現れるお話。

展開が早くて映画にしたら面白いだろうなあと思う作品でした。

家族とのやりとりがジーンときます。

うーん、おもしろさが伝わりませんね(表現力徐々にあげていきます!)


待合室だけでは足らず、一気読みでした。

償いの椅子(著:沢木冬吾)


2008.06.26 Thu l my book l COM(3) TB(0) l top ▲
6月24日 D8で夢に行って来ました。

9時半に到着して終わったのが14時過ぎ。長かったです。

「FSH前回高かったが今回下がっとるね」

「卵は4つくらい見えとるね」

「フォリスチム注射して帰ってね」

「セロフェン飲んであさってね~」

以上。

処置室でお注射。
てっきり自己注教えてもらうのかとワクワクしたのですが、
今回はしないみたいです(がっかり)

でも注射されながら、液が入っていくあの痛さ、自分でできるかなあ。

でもしてみたい。Mかな、あたし。

そして、FSHが高い!

なんでなんで?

てゆーか・・意味がわかんない。

実は、ちょー勉強不足で

『FSHが高いとどうなのか』

『いくつくらいが正常なのか』

まず、そこからです。

アホな私に誰か教えて下さい。

2008.06.25 Wed l クロミフェン採卵周期-1 l COM(0) TB(0) l top ▲
夢クリニック・・・4つめの病院です。

結婚したのが2002年10月。
子供が出来ないなぁと思って、近くの総合病院に初めて行ったのが
2004年8月。

その時に卵管造影やって異常なくて、夫の精子もちょっと少ないくらい、
でもまあ、問題ないですよ、まだ若いから焦らずいきましょう。
というDrの軽い言葉。

信じちゃったんですよねぇ。

その病院、総合病院だったので産科がメイン。産むほう。
だから、妊婦さんに混じっての診察で5つくらい並ぶ診察台の両サイドには妊婦さん。
順番も妊婦さんが優先。
不妊治療の患者なんて少なくて肩身が狭いし、妊婦さん見て泣きたくなるし・・
半年程通って(タイミングだけ)今度は不妊治療専門の病院に転院することにしました。

2005年7月。
某浦和にある某Sクリニックへ。
ここも私的にはだめだったなぁ。
受け付けもDrも無愛想で。
けっこうきついこと言われて帰り道よく泣いてました。
フーナーやって、人工授精1回やって撃沈。
排卵誘発剤も打たれちゃった。

2006年3月。
某大宮の某Sクリニックへ。
ここは夫がネットで色々調べてくれて、最初のガイダンスまで何ヶ月も待って。
すっごく丁寧で真剣なDrで、看護師さんも受付の人も皆優しくて。
もうこの病院で最後にしようと心に決めて通いました。
2年間の間に体外を2回、そこに行き着くまでが長くて・・・
なかなか卵が育たなかったり、採卵できなかったりで。
すっごくすっごくいい病院だったけど、結果が出なければだめなんですよね。
治療方針にもちょっと疑問が出ちゃって。
そんな時、夢のガイダンスを聞きに行って。
思い切って、最後の砦で夢に行くことを決意しました。

すっごい省略しちゃったけど、詳しくはまた書きます。

夢は最後の砦。
本当にこれで最後にしたいな。
最後って言葉は重いけど。
めでたく妊娠して卒業!
卒業目指してがんばろ

2008.06.24 Tue l 今までの治療 l COM(2) TB(0) l top ▲
夢クリニックに行ってきました。

去年の10月、夢に転院してから、年末に自然周期での移植で撃沈しました。
同じ頃から通いだした漢方の先生に、しばらく治療をお休みして体調を整える
ように言われて、仕事も忙しかったし半年間を開けることにしました。
そして5月から再開。

今日はD3。
クロミフェン周期突入の日。
ちょっとどきどきして診察に望んだのに、院長ったら「はい、今日からこれ飲んで」
「次24日ね」
だけ!
圧倒されて何も言えず終了~。

ホントにクロミフェン周期になってるかしら?
看護師さんに思わず聞いちゃいました(なってるそうです)

受付で同意書の説明をしてもらいました。
84まんえん。
痛いなあ。
でもこれで授かってくれれば安い安い♪

2008.06.19 Thu l クロミフェン採卵周期-1 l COM(4) TB(0) l top ▲
riccoです。

不妊治療をはじめて4年目になります。
結婚6年目、夫32歳、私35歳です。

去年の10月に夢クリニックに転院しました。

夢はブログを開設してる人が多くて、私はいつもおじゃまするだけでしたが、
治療がうまくいかないとき、落ち込んだとき、いつもいつも
皆さんのブログに励まされてきました。

なので・・・遅ればせながら私もチャレンジです。
ブログは全くの初心者なので、読みにくいかもしれませんが、
情報交換をしたり、時には励ましあったり、辛い治療が少しでも楽しくなれば
いいなと思ってます。

コメントお待ちしています。
これからよろしくお願いします。
2008.06.10 Tue l 初めまして l COM(0) TB(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。