上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
ついにドキドキの判定日。

BT7日。

今日は夫と一緒に

いつもより遅く9時過ぎ到着。

採血を済ませ、3Fで雑誌を見ながらぼーっとしました。

昨日も書いたように、だめかなという諦めムード半分だったので、

あえて何も考えないようにして臨みました。

30分ほど待って4Fへ移動。

4Fは座れないほど、いっぱいで呼ばれてる番号もほど遠い。

これは、だいぶ待つなあと。

夫は車で待機してたので

「まだかかりそうだから、順番近くなったら呼ぶね」とメールして待ってました。

すると、予想外に私の前の番号が呼ばれ、もしかして次?!

しかも院長の声!

慌てて「すぐ来て」と夫にメール。

でも、さすが院長。

秒殺の診察で、すぐ私!

二人で結果を聞くはずが、夫は間に合わなく一人で聞く羽目に。

どうしよう。

ノックして院長の顔を見たとたん、「出とらんね~」って聞こえそう

緊張して入ると、

「riccoさんね」

と、カルテの前の方に戻って見てる!

やっぱりだめってこと?

「HCG出とるね」

と紙を渡されました。

E2・・112  P4・・0.4  FSH・・0.6  B-HCG・・78.7

HCGが78.7!!

嘘みたいな数値です。

今までみたことない数値です。

「E2はちと低いね~。エストレース2錠づつに増やして、プラノバールは中

止ね。」

「20日にきて」

「このあと注射デポ打ってもらってね。看護婦さ~ん」


え?

以上?

「先生この日でHCGのこの数値はどうなんですか」

と質問。

指さす手が震えてました。

「ま、このくらいでしょ。妊娠反応出てるってこと。

ま、2回目でどうだかってとこもね」


終了です。

看護婦さんに呼ばれ、

「妊娠反応でましたね。おめでとうございます」

と言われ、泣いてしまいました。

薬の確認してデポ?250単位注射。

安静とかいいんですか?

と聞くと、

「まだ今の時点ではいいです。胎嚢が確認できてからでしょう。

ただ、激しい運動とかはしないほうがいいです」


処置室を出て、やっと夫と会えました。

泣いてる私をみて、だめだったのかと思ったみたい。

HCGの紙を見せると一瞬、え?って顔になって。

エレベーターの中で「HCG出たんだよ。まずは妊娠みたいよ」

と報告。

定番となったお隣のcafeで一息。

HCG今までは0.0という数値しか見たことなかったので

浮かれてしまいましたが、ちょっと冷静になると、

これで決定ではないんですよね。

2回目判定でどうなるかわからないし。

HCGが伸びないことや、心拍聞こえないことなど、

沢山の方のブログにおじゃまさせて頂いて、

悲しい現実もあることを少し知ったので。

これが、ぬか喜びになることも・・・

でも、でも、今日は喜んじゃおう。

とりあえず、0.0の壁は脱出できたから。

ここからどうなるか、まだわからないけど。

どうか、今までの辛い経験が報われますように。

どうか、出産まで無事に進みますように。

そして、同じ思いをしてるブログ仲間の方々、皆に幸せが訪れますように。


不妊治療がんばっている方がたくさんいます
勇気もらえます
にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村 マタニティーブログ 体外受精へ
にほんブログ村 マタニティーブログ 顕微授精へ
スポンサーサイト
2008.09.15 Mon l クロミフェン移植周期-2 l COM(20) TB(0) l top ▲
移植をしてから今日で7日目。

BT6。

1日2日はソファやベッドでTVやマンガ読んだりとまったり過ごしました。

ご飯も夫が作ってくれて。

ここぞとばかりにお願いしちゃって。

時々、お腹を触って

「できたかなぁ」

「おーい、がんばれよ~」

なんて二人で話しかけたりして。

なんだか、もう妊娠したみたいな、

ちょっと妊婦さん気分を味わったりして。

夫も、重い物持ってくれたり「あんまり動くな」って言ったり。

治療の過程って、ひたすら通院して、採血して、内診して、薬飲んでと、

体外に進む過程だから、辛いことの方が多いけど。

移植した後だけが「できたかな」って期待できる期間ですよね。

この7日間って、もっとも幸せな時期なのでは。

お腹に話しかけてみたり、陽性反応を想像してみたり。

その分、だめだった時の反動は大きいけど。

ショックで立ち直れなさそうになるけど。

この期待がこのまま続いてくれるのが一番いいなぁ。

なのに、一昨日から昨日にかけて、ちょっとしたことで

夫とケンカして思わぬストレス。

昨日はちょっとお腹痛くなるし、今日はおりものっぽいものが・・・

こんなことじゃ、今回はだめかなって、ちょっと諦めムードも。

前半は幸せ気分に浸ってたけど、後半ぐらぐらでした。

唐辛子事件もあったし。笑

ま、幸せ気分も味わえたので、良しとして。

私たちの大事な卵ちゃん、どうかがんばってね。


不妊治療がんばっている方がたくさんいます
勇気もらえます
にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村 マタニティーブログ 体外受精へ

にほんブログ村 マタニティーブログ 顕微授精へ




2008.09.14 Sun l クロミフェン移植周期-2 l COM(1) TB(0) l top ▲
遅くなりましたが、移植日について。

9/8 D18 移植日

朝7:50頃 夢到着。

番号は20番台。

採血し、診察。

この日はクロミフェン始まって初の院長でした!

ちょっと、びっくり。

「riccoさんね、生年月日○○、カルテ番号○○、合ってますね」

「はい、今日移植ね」

「凍結卵は、二つ。5日と、6日だから、5日のやつね」

久々すぎて、院長のスピードについていけず、返事だけを繰り返しました。

やったぁ!移植できる!

そして、Nsから移植時の注意事項。で、外出。

10時には外出できちゃいました。

お昼には早いので、お隣のcsfeへ。

1時間ほど読書。

12時半には戻らないとならないため、11時からやってるお店を探し、ランチ。

13時ころ、培養士さんから説明。

5日凍結の卵、融解し現時点では、グレード3。

たしか、凍結時にはグレード2だったような?

聞いてみると、融解の段階で、スピードや形等でグレードは変わるとのこと。

また、時間の経過とともに、グレードが変化するので、移植時には変わってる

こともあると。

アシストハッチング、前回はしなくて今回するのは、前回は自然周期だったので

自然な形でしたけど、今回はHR(ホルモン調節)なので、アシストハッチングも

するのが通常だからと。

説明が終わるとすぐに5Fへ。

移植は14時からと言われてたのに13時過ぎにはスタートでした。

着替えておトイレを済ませると、すぐに私の番。

早っ。

何度、採卵や移植を体験しても、あのOPE室のような雰囲気には慣れず。

みんなの前で、足を開いて見られてる感は、いっそ麻酔で意識ないほうが

いいなと思っちゃいます。

出産だったら喜んでOKだけど。

そして移植。

私の子宮はかなりの屈曲で、前回の移植時もなかなかカテーテルが入らず、

すっごい時間がかかったので、今回もちょっと不安。

説明してくれたNsにも培養士さんにも、それを話したのだけど、

前回できてるから大丈夫ですよと言われました。

カテーテル入れて一言目。

「なんだ、これは」

と、院長。

だから言ったじゃ~ん。

「こんなの、ありえへん」

「どうなってるんだ」

ありえへんと言われても・・・

激痛に何度もおしりが浮いて、

「おしり浮かない!」

と怒られてしまうし。

ついに、

「ここで行き止まりだな」

と、試行錯誤し、なんとか移植。

大丈夫かなあ。

行き止まりでやめたのかしら?とちょっと不安になりましたが、

あの完璧な院長がそんなことはないでしょう。

そんなこんなで無事移植終了。

「移植経過表」を渡されて・・・

E2・・128  P4・・0.5  FSH・・3.5  B-HCG・・0.0

移植時のグレードは2。 内膜は12mm。


そして、14時前に終了。

今日は夫が車で迎えにきてくれることになってて、

15時過ぎに約束していたので、しかたなくまたお隣のcafeへ。

本日2回目。

お店の人覚えてたら嫌だなあ。




なんとか、無事に移植もできて、夫もほっとした様子。

こうなると、ついつい期待しちゃうけどと。

あとは無事に卵ちゃんが着床してくれることを願うばかりです。

どうか、どうか無事に育ってくれますように。

私たちのもとに産まれてきてくれたら、絶対絶対、大事に育てるから。

ずっと一緒にがんばってくれてる夫に、今度こそ赤ちゃんを抱かせてあげて

あげたい。

二人で子供を育てる喜びを味わいたい。

私たちの卵ちゃん、がんばって。

2008.09.11 Thu l クロミフェン移植周期-2 l COM(5) TB(0) l top ▲
運命の移植が、いよいよ明日になりました。

緊張

3日続けて岩盤に通い、昨日はマッサージしてもらい、

準備万端。

でも、ちょっとおりものらしきものが・・・

気になる

明日「移植できません」って言われたらどうしよう。

そればかり頭をぐるぐる

やばいやばい。

できるできるって言い聞かせなきゃ。

大丈夫。

お腹温めるようにがんばったし、

仕事のストレスもないし。

うんうん。できるできる。

偶然にも、ブログ仲間の方が同じ日に移植がわかり、

一人じゃないって勇気づけられたし。

ふかふかのお腹に卵ちゃんがふわっとくっついてくれる姿を想像して。

明日がんばってきます。
2008.09.07 Sun l クロミフェン移植周期-2 l COM(7) TB(0) l top ▲
通院日。D14。

今日は運命のD14。

先月はここで「卵が育ってるので中止」と言われた日。

昨日から憂鬱で、行きたくないモードでした

午前受診の時は8時前には行くのですが、

今日は気が乗らず、少しゆっくり行きました。

9:30到着。60番台。

HR周期のスケジュール表によると、今日は採血と診察のみ。

なのに、前回は内診に呼ばれ(先生が数値を見て内診にまわしたみたい)


今日も内診だったらアウトだなと予想し・・・

4Fで待つ間、看護師さんの声で呼ばれるか、先生の声で呼ばれるか、

もうドキドキでした。

看護師さんの声が私の番号を飛ばしていったので、「これはセーフかも?」

と淡い期待を抱いて・・・5番で呼ばれました~。

E2・・157

前回より下がり、合格で~す

今日のお昼からプラノバール内服です。

エストレース・・・3/一日1錠 7時15時23時

デュファストン・・・3/一日2錠 7時15時23時

プラノバール・・・1/一日1錠  昼食後

です。

そして、移植は9/8に決定です。

よかった~。ホントによかった~。

どうすれば、薬が効くか考えて。

D10からは漢方やめてみました。

それと、うちは朝ゆっくりなので、7時の薬はアラームで起きてベッドで飲んだら、

そのまま寝てたんですが、すぐに寝ちゃうから胃まで届かず、吸収悪いのかもと思い、

7時に飲んだらそのまま起きるようにしました。

それと、普段から水分取らないほうなんですが、薬飲む時がんばって

いっぱい水飲みました。

というような、アホな努力をしてみたのです。

それでも、今回もだめなのかもと、沈んでいたので、すっごいうれしいです。

まだ、結果がでたわけではないのにね。


というわけで、受診後、一人でプチ祝賀会です

銀座で遊んじゃうぞと、銀座まで歩いていきました。

途中、リクルートビルで開催中の絵画展によって。

昨日ラジオで聞いて気になってたんです。

ギャラリー1

160人のイラストレーターの方が銀座をテーマに描いた絵が展示されています。

サイズは一緒で販売もしてて、著名な方から新人の方まで、一律35000円だそうです。

普段、絵なんてまったく見ないのですが、なんとなく目の保養になるかなあと。

むかーしの銀座を描いた絵や近代的なもの、アニメチックなものと

幅広い作品がありました。

お金があったら書いたいくらい。

夢から歩いて10~15分くらいのとこなので、散歩がてらにいいですよ。

9/12までやってます。

ちょっと素敵な空間です。

ギャラリー2


そして、銀座でランチ。

こないだ行ったタイ料理が入ってる銀座グラッセへ。

リストランテ・ヒロ・ギGINZAにしました

ほぼ満席で、一人ぼっちはあたしだけ。

ちょっと居心地悪いぞ



ランチ9.4

ナスのトマトソース。チーズがかかってて濃厚。

ランチ9.4.2
なんだかよくわからないデザート。
(写メ撮る前に食べちゃいました)

それと、パンに紅茶。

で、なんと1750円もしたの

これで?って感じでした。

プチ祝賀会ちょっと高いぞ。

そのあと、銀座の街をブラブラ。

私、銀座って大好きなんです

ちょっと大人の雰囲気で、渋谷とか新宿みたいに、わさわさしてなくて。

クリスマスの時期なんて歩いてるだけで楽しい。

そして、三越の化粧品売り場へ。

最近、気づいたことが一つ。

太ってきたせいか、歳のせいか、顎回り?フェイスライン?がたるんでるような

ちょっと下を向くと、二十顎になるような。

今までそんなことなかったので、密かにショックだったんです。

で、SUQUUへ行き、田中 宥久子さんの造顔マッサージしてもらいました~。

ちょー痛い!けど、効きそう!

移植したら、しばらくゆったり過ごすつもりなので、マッサージしてみるか。

マッサージ後に、メイクもしてくれて。

普段、うすーくしか化粧しない私が、塗りたくられて、正直怖い。

怖いぞ。

目がお化けのようだぞ。

目力はありそうだけど。

まっすぐ帰るんでよかった~

朝、家を出たのに気づいたら夕方になってました。

昨日まで沈んでたのに、移植できるってなったら、もうウキウキで。

厳禁なあたし。

一人遊びも上手になってきたなぁと、しみじみ。



そして、これからが、本番です。

移植当日に、ホルモン値が悪くて移植中止もありえるとのこと。

そして、移植が上手くいっても、着床までいかなきゃOUTです。

今までの治療で着床したことは一度もないんです。

いつも、0の数値が見えるだけ。

どうか、今度こそうまくいきますように。

2008.09.04 Thu l クロミフェン移植周期-2 l COM(5) TB(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。